刑事コロンボ 68話『奪われた旋律』コンサート中に遠隔殺人

新・刑事コロンボ 68話 奪われた旋律

【VS.作曲家】すでに音楽の才能が枯れ果てた作曲家が、ゴーストライターの弟子が書いた曲を自身の名前で公表する。このことを、弟子が暴露すると話したために起こる殺人事件です。音楽のゴーストライターで思い出すのは、2014年に起きた『佐村河内 守氏の事件でした。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:ジェフリー・ケーヴァ&パトリック・マクグーハン

原案:ジェフリー・ケーヴァ

監督・共同製作総指揮:パトリック・マクグーハン

制作:クリストファー・セイター

制作総指揮:ピーター・フォーク

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:89分

公開日:アメリカ/2001年3月12日 日本/2001年7月8日

あらすじ+人物相関図

刑事コロンボ 人物相関図作曲家キンドレー・クロフォードは、サスペンス映画音楽の巨匠であったがすでに才能が枯れ果て、弟子のガブリエル・マッケンリーがゴーストライターとして作曲をしていた。そのことに不満を感じていたガブリエルは、この関係を映画監督に暴露すると話したため殺害を計画する。

明日のコンサートで指揮をしてみないかと誘い、今までの非礼を詫びてガブリエルが作曲していたという事実を映画監督に打ち明けると話した。翌日コンサートの前に、指揮の練習をするガブリエル。そこへキンドレーがやってきて、祝杯と称し睡眠薬入りのシャンパンを飲ませて気絶させた。

そしていつも指揮の練習をするスタジオの屋上へと運び出した。その晩、コンサートが始まる時刻に合わせスタジオの地下にあるエレベーターを作動させる。それは、ガブリエルが指揮台に見たてて立っていた、鉄の蓋に通じていた。

エレベーターが上がりきると、鉄の蓋は開き、横になっていたガブリエルは屋上から地面に落下する。いつもスタジオの屋上で練習するガブリエルが、事故死したように偽装させたのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

主犯今回の犯人:フィンドレ―・クロフォードビリー・コノリー

吹き替え声優:佐々木勝彦(ささき かつひこ)

銀河万丈版:堀勝之祐(ほり かつのすけ)

職業:作曲家

殺害方法:転落死(エレベーター)

動機:口封じのため

概要:詳しく見る
サスペンス映画の巨匠と呼ばれる作曲家の男。しかし、すでに才能は枯れ果てており、7割以上の曲は弟子である、ガブリエル・マッケンリ-が作曲している。ガブリエルがゴーストライターであることを暴露すると言い始め、コンサート中に殺害を計画した。

作曲に関しては、映画監督リッターと組んで20年になるそうだ。8~9本の映画に携わり、昔は素晴らしい音楽を作曲していた。ガブリエルもそれに感銘を受けて弟子入りをしたのだが「今は下り坂。迫力も、才能も、輝きもなくなった。5年間教えてもらって感謝している」と酷評された。

ガブリエルとの出会いは5年前、警備員から曲に合わせて指揮棒を振っている男がいると聞いたことからだ。オーケストラを残しスタジオの屋上に行くと、その指揮をする姿に惚れ込む。弟子入りを承諾したようだ。

殺害実行日はコンサートの日であった。題名は『クロフォード指揮による「クロフォード」』である。パンフレットの文言や、リッター監督が開演前のスピーチなどは、キンドレーが自身が考えたようだ。しっかりと観客から笑いを獲得していた。

飲酒運転の常習犯であり、現在までに逮捕はされていないが、コロンボに「近頃は取り締まりが厳しくなっていますので」と注意を受けていた。カクテルを飲んで、リラックスした気持ちで運転できるようになると語っていた。また、葉巻を吸うようだ。

ガブリエル殺害後、自ら曲を仕上げることになる。映画のラストシーンであったが、リッター監督は「屁みたいな音楽だ」「普段とタッチが違う」「殺しがあり、犯人が死んだ。最後は客を酔わせるロマンス調はやめろ」と、酷評を受けてしまった。

コロンボの推理により、逮捕を素直に受け止める。まともな音楽部のある刑務所を希望し、サンクエンティンにブラスバンドがある刑務所をコロンボに教えてもらう。音楽が大好きな犯人であった。


被害者今回の被害者:ガブリエル・マッケンリー(チャド・ウィレット)

吹き替え声優:小室正幸(おもろ まさゆき)

銀河万丈版:?

職業:フィンドレ―の弟子

概要:詳しく見る
キンドレー・クロフォードに5年前弟子入りをした作曲家見習いの男。スタジオの楽団員で、ピアニストのレベッカとは恋人関係にある。キンドレーがコンサートホールで収録をしていると、天井に設置したマイクから、屋上に置いたFMラジオで音をキャッチして演奏を聴いている。少なくとも5年前から、スタジオの屋上で指揮を練習をしているようだ。

キンドレーの弟子ということだが、実はゴーストライターとして、彼の代わりに7割以上を作曲してきた。キンドレーがハリウッドで大きな賞を獲得した『殺人者』の曲も彼の作品であった。作曲の才能だけではなく、音の使い方が非常に上手い。映画のBGMを無くし、あえて悲鳴と効果音だけにするなど、映画監督のリッターからは非常に好評(キンドレーの手柄にされたが)を得ていた。

愛車は『ビートルガブリオレ』である。服装に関しては『ジーンズ』+『スニーカー』というのが好きだったようだ。コンサートで指揮をすると決まった際には、タキシードこそ借りたものの、革靴は借りなかった。スニーカーでコンサートに臨むつもりだったようだ。スニーカーに対しては、並々ならぬこだわりを感じる。ちなみに、足のサイズは9号(27㎝)らしい。

また、以前にもタキシードは借りたことがある様子。紳士服店の店員によると、初めての来店は、女性とダンスに行くときであった。21ドルしかないから、上着だけを借りたいと話したようだ。その際、店員の好意で、一揃い貸し与えたようだ。この時も、革靴はいらないからもう少しまけてほしいと話していた様子。

また、キンドレーから睡眠薬入りのシャンパンを振る舞われる。一気に飲み干したが「酒は弱いんです。たまにビールを飲むだけで」と、語っていた。

犯行計画/トリック

【自身はコンサートで指揮をしているアリバイを作り、屋上から落下した事故死に偽装】

①ガブリエル・マッケンリーは、ゴーストライターであることを暴露すると話す。キンドレ―・クロフォードは、今までの非礼を詫び、翌日のコンサートで1曲指揮をしてみないかと誘う。彼はそれを快諾した。

②翌朝、ガブリエルは指揮の練習をするため、バンガローに入る。指揮の衣装であるタキシードに着替え終えると、そこへキンドレ―もやってきた。少し早めの祝杯と称し、睡眠薬入りのシャンパンを飲ませて気絶させた。

③キンドレ―はガブリエルのジーパンから、自宅の鍵を回収した。ガブリエルに革靴を履かせ、彼がいつも指揮の練習をしている、スタジオの屋上まで運んだ。スタジオの屋上には、指揮台に見たてて、立っていた鉄の蓋がある。そこに横にさせる。

④その晩、コンサートが開演となる。キンドレ―は指揮棒を忘れたといい、一旦舞台袖から戻る。地下に降りると、搬出用エレベーターを作動させて戻った。監督の舞台挨拶が終わり、キンドレ―指揮によるコンサートが開始される。

⑤エレベーターは1分58秒で屋上まで上がり、鉄の蓋が開く。蓋が開いたことで、その上に横になっていたガブリエルは屋上から落下した。さらに、彼はいつも屋上で指揮の練習をしており、危険であると警備員にも何度も注意を受けており、事故死に偽装できる。

⑥翌日キンドレ―は、ガブリエルの自宅に鍵を使い侵入した。楽譜入れの中から、賞を獲得した『殺人者』のオリジナル楽譜を盗み出した。ガブリエルは、彼女のレベッカにはゴーストライターであったことは打ち明けていた。そのため、オリジナルの楽譜を盗むことで、証拠を消したのだった。

コロンボの疑問点

推理と捜査
〇被害者が落下したところを目撃した夫婦に話を聞く。『ドスンッ』と落ちる姿を見て、妻は悲鳴を上げた。屋上までの高さは25mあるにも関わらず、被害者は声も上げずに黙って落ちていった。すでに死んでいたか、薬で眠っていた可能性がある。

〇キンドレ―・クロフォードに話を聞くと、今日のコンサートでは、被害者は1曲指揮をすることになっていた。指揮棒を持って練習したと考えられるが、屋上や落下した付近には指揮棒がない。また、車のキー/郵便受けの鍵/机の鍵などはあったのだが、肝心の家の鍵がなかった。

〇被害者の自宅に飾られている写真を見てみると、どの写真も『ジーンズ』に『スニーカー』だった。被害者が衣装を借りに訪れた、紳士服店の従業員に話を聞くと『タキシード』は借りたのだが『革靴』は借りないつもりだったのか?靴のサイズを記入していなかった。

〇被害者の足のサイズは27㎝。紳士服店の従業員は、靴のサイズが記入されていないため、何となくのサイズ(29㎝)で革靴をつけた。2㎝も間があるのに、なぜ被害者はスニーカーを脱いで、革靴を履いていたのか?別の誰かに履かされた可能性がある。

〇昨夜のコンサートで収録した曲に、雑音が混じっていた。

〇リッター監督に、地下のエレベーターについて話を聞くと、それは屋上まで上がるカメラ搬出用のエレベーターだった。ほとんど使用しておらず、埃まみれだったが、箱を動かした形跡や、ボタンを押した形跡が見られた。さらに、指揮棒が落ちていた。

〇被害者の恋人レベッカが、指揮棒を昨日プレゼントした。また、キンドレ―は長い間、被害者をゴーストライターとして使っていたようだ。、しかし、自宅を調べるが、オリジナルの楽譜が無くなっていた。

〇コロンボが現場で遺体を見た際、頭の血は濡れていた。しかし、左手首に付いた傷は乾いていた。この血を分析したら『セコバルビタール』という、代謝の早い薬が検出された。そのため、1度検視局で分析した際には、体内には痕跡はなかった。左手首の傷は早い段階でできたため、体内に残る薬の成分が血とともに体外へ出た。

小ネタ・補足

〇犯人のモデルとしては、作曲家『マイケル・ケイメン』氏にかなり風貌を寄せている。

〇被害者の転落を目撃した女性マルシアは、パトリック・マクグーハンの次女『アン・マクグーハン』である。

〇作曲家『田中公平』氏のブログにて、「奪われた旋律」について綴られている。劇中のBGMに関して作曲家ならでは視点が面白い。

その弟子がいなくなった事で、才能の枯れた先生自ら、作曲せねばならなかったその曲を聞いたなじみのプロデューサーが、『どうしだんだ!いつもの冴えが全然ないぞ!はっきり行ってクソ曲だ!』と、その曲の正体を見抜く場面。

で、このドラマ(コロンボの)を、手掛けた作曲家さんにはこのシーン、どの様なオファーがあったのかな?まさか『クソ曲を書いて下さい』とは頼まれていないだろう。

仮にも、何年も前には活躍していた巨匠の作品なので、いくら『クソ曲』でも、万人に分かる『クソ曲』ではなくて、それなりに聴ける曲で、なおかつ、やはり『クソ曲』でないといけない事になります。もの凄く、難しいオファーだったと思います。2013年10月20日『ワザと下手には。』より引用

まとめ

個人的に好きなエピソードランキング上位に入る作品です。サスペンス映画音楽の巨匠という職業、コンサートホールという舞台、指揮の最中に被害者を転落死させるアイディアは見事ですよね。テレビ的に見栄えるトリックであり、犯人の性格なども嫌いじゃありません。

 

コロンボによるラストの詰め手が披露され、犯人は早い段階で投了してしまいます。状況証拠として、キンドレ―が犯人だと推測できるのですが、この早い投了について腑に落ちないという人も多いようです。

 

状況証拠
①キンドレ―:ガブリエルと最後に会ったのは、前日のバンガロー。当日初めて見たのが、スタジオの屋上から落下して横たわる姿。

②レベッカ:事件日の午前に指揮棒をプレゼントした。そして、ガブリエルは指揮棒を持ってバンガローに行った。

③指揮棒はエレベーターのある地下室に落ちていた。ガブリエルはスタジオの屋上で練習していたようだが、指揮棒の柄がひっかかり、鉄の扉が閉まった状態では落ちない。扉は開いている状態になったことがある。

④ガブリエルの自宅からは、オリジナルの楽譜がなくなっていた。また、身体からは睡眠薬が検出された。楽譜が盗まれるのと、ガブリエルが殺害されるのは共通した動機がある。それは、ゴーストライターとして彼を使っていた、キンドレ―だけである。

※睡眠薬が体内からなくなる時刻から逆算すると、ガブリエルはバンガローで睡眠薬を飲まされたとも推測できる。そうなると、やはりキンドレ―が怪しくなる。

状況証拠としては上記の通りになります。早めの投了については『逮捕される決心』がすでにあったのかも知れません。リッター監督からは、自分で作曲した曲について『屁みたいな音だ』『いつもとタッチが違う』と酷評されています。

明朝までに曲を完成させるように言われ、「何とかしてみるさ」と強がってはいますが、物陰に隠れて『栄養ドリンク』を飲み干していました。これは、徹夜覚悟になるだろうと自覚していたのだと感じます。コロンボから証拠を提示され、ラストの微笑みは、内心安堵しているようにも思えました。

また、コロンボ警部が以前弾くことができていた『THIS OLD MAN』を、被害者の恋人レベッカに教えを乞います。その前に、レベッカの表情が暗くうつむいているようなカットが入るので、弾けないフリをして、彼女を慰めるために、会話のタネにしたのではないでしょうか?警部の優しさを感じました。

以上、『奪われた旋律』でした。