刑事コロンボ 31話『5時30分の目撃者』見事なタイトル回収

スポンサーリンク

【VS.精神科医】最後のタイトル回収が見事であり、鳥肌がたったエピソードです。2人目の共犯者を殺害する方法は正直なところ、「なんでもあり」のように思えます。催眠術で自殺させるのですから、こんなのありかよ!と感じました。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:ピーター・S・フィッシャー

監督:ハーヴェイ・ハート

制作:エヴァレット・チェンバース

音楽:バーナード・セイガル

本編時間:74分

公開日:アメリカ/1975年4月7日 日本/1976年12月18日

あらすじ+人物相関図

5時30分の目撃者精神科医マーク・コリアーは、患者である人妻ナディア・ドナーと深い中になっていた。マークにとって彼女は、今度出版する催眠に関する本を執筆するための絶好の被験者でもあった。ナディアは夫に内緒で、マークと密会するために所有する海辺の別荘で会う約束をする。

マークが別荘に訪れると、そこには彼女の夫カール・ドナーが待ち構えており、患者と不倫関係にあったことを所属する大学に暴露すると話す。カールが激高して2人に殴りかかると、マークは暖炉から火かき棒を掴んで反撃して彼を殴り殺してしまった。

ナディアが精神的に弱いこともあり、マークは2人組の押し入り強盗に襲われたという作り話をでっちあげるように促す。マークは車で別荘から立ち去ろうとするが、門のところで散歩中の老人を轢きそうになる。彼が盲目であると知ると、マークは何も言わずその場を後にした。時刻は丁度、5時30分のことであった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

マーク・コリア―

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「5時30分の目撃者」より引用】

今回の犯人:マーク・コリアージョージ・ハミルトン

吹き替え声優:小林勝彦(こばやし かつひこ)

職業:精神科医

殺害方法:①撲殺(火かき棒)②催眠術で飛び降りさせて殺害。

動機:①殴られたので反撃

②口封じ+罪を擦り付ける

概要:詳しく見る
精神科医の男性。人妻の患者ナディア・ドナーと不倫関係にあり、その夫カール・ドナーから不倫を見咎められ2人共々殴りつけられることになる。反撃の為に「火掻き棒」で殴り返すと殺してしまった。正当防衛が認められない恐れもあることから、ナディアと口裏を合わせて強盗の犯行に偽装する。その後、警察の捜査が迫ると、ナディアを催眠術で自殺させ全ての罪を擦り付けた。

大学病院に勤務しており、催眠術に関する本を出版していた。今度の新刊も催眠術に関する内容で執筆中であった。助手アニタ・ボーデン博士とは男女の仲で、患者ナディアとも不倫関係にある。

ナディアは催眠がかかりやすい性質であり、催眠の研究を試す絶好の被験者であった。さらに『アモバルビタール』という、催眠状態を深める効果のある薬を投薬していた。一応本人の許可を取っているようではあるが違法スレスレであり、アニタ博士から注意を受けている。

ナディアは人妻であり、夫カール・ドナーから不倫を見咎められると殴り飛ばされ、ナディアも殴りつけられていた。カールがナディアを殴りつけている最中に火掻き棒で殴り返しており、自分が殴られたことへの復讐か? 彼女を助けるためにとっさにとった行動かは不明である。

カールの死亡を確認するとひどく動揺する。元々は警察に報告するつもりであったが、「カールから殴りかかってきて反撃したら殺してしまった」なんてストーリーを警察が信じるわけがないと結論に至り、嘘の強盗殺人をでっちあげることになる。

ヘビースモーカーであり、エピソード中には計9本のタバコを吸っている。着火には『ビビより愛するマークへ』と刻まれたライターを使用しており、医学部を卒業した記念に姉から貰ったものを愛用していると語った。

愛車は『ベンツ:ブルークーペ』である。タイヤは「5万マイルXケール」という種類を装着しており、コロンボ警部の愛車もこの種類のタイヤを使用しているようである。


ナディア・ドナー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「5時30分の目撃者」より引用】

今回の共犯で被害者②:ナディア・ドナーレスリー・アン・ウォーレン

吹き替え声優:渋沢詩子(しぶさわ うたこ)

職業:カールの妻

概要:詳しく見る
マーク・コリアーの患者で不倫をしている女性。既婚者であり、夫は資産家カール・ドナーである。マークによると催眠術がかかりやすい体質であること。元々精神的に弱く、半ば強引にマークから共犯にされた。

警察の捜査が迫ると自白をほのめかすようになり、マークから催眠術を掛けられる。過去の記憶を呼び覚まされ、『飛び込み台からプールへ飛び込む』のが得意だったことから、マンションの部屋から地面へ「飛び込んでしまい」死亡した。

マンションのテラスにある手すりの高さは、1m20㎝。テラスに設置されたテーブルから飛び降りたようだ。飛び降りる際には悲鳴を上げており、飛び込む直前に催眠術が解けていたようである。

催眠術で聞きだされた情報によると、妹もいるようである。妹は水泳が苦手だが、ナディアは泳ぎが得意だった。高い飛び込み台からプールに入ると父親が褒めてくれたそうだ。


カール・ドナー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「5時30分の目撃者」より引用】

今回の被害者①:カール・ドナー(スティーブン・エリオット)

吹き替え声優:大平透(おおひら とおる)

職業:資産家

概要:詳しく見る
資産家でナディアの夫である男性。妻は不倫しやすく、マーク・コリアーと関係があることも勘づいていた。今まで5人以上は妻の不倫相手を追い払ってきたようで、マークの分析によると、「浮気を見て潮時になると顔を出して、相手を罵倒して手をひかせる」と、一種の寝取られ好きである。

患者との不倫の事実を大学に告発すると言うも、マークとナディアは無視して部屋から出て行こうとした。今まで5人以上の不倫相手を追い払ってきた彼であるが、さすがにこれには頭にきてしまったようで、2人を殴りつけるという行動をとってしまった。

犯行計画/トリック

【架空の強盗犯の犯行に偽装】

①火掻き棒でカール・ドナーに反撃すると撲殺してしまった。マークはナディアに嘘の証言をするように促す。

「ナディアとカールは5時30分に家についた。2人で過ごしていると7時頃に男2人がやってくる。しかし2人は押し入り強盗であり、宝石や金を盗もうとした。カールが火かき棒で反撃しようとする、強盗に返り討ちにされた」

②マークは大学の研究室に戻り、助手のアニタ・ボーデン博士と会って7時のアリバイをつくった。現場に到着したコロンボ警部にナディアは証言する。

「主人と2人でお酒を飲みながら音楽を聞いていたら、ハイウェイで車が故障したので電話を貸してほしいと2人の男がやってきた。玄関を開けると、2人は銃を持っていて紙入れと時計を盗った。車はすぐそばにあった。スキー帽にストッキングをかぶり覆面をしていた」

③架空の押し入り強盗に殺されたという筋書きを完成させた。

【催眠術で自殺を誘発】
①警察の捜査が迫ると、ナディアが自白をほのめかすようになる。彼女に催眠術を掛けて、「ジャック・ホイーラー」という名前を聞くと、無性に暑くなりはじめ、髙い所からプールに飛び込みたくなるように暗示をかけた。

②催眠術を掛け終えると、マークは鉢植えにカールから取り外していた貴金属を隠しておく。マークは友人たちとパーティーをしている最中にコロンボ警部がやって来る。コロンボも見ているなかで、ナディアの家に電話を掛け、「ジャック・ホイーラー」の名前を挙げる。間違った場所に電話をしたと切って、今度は本当にジャックの家に電話をすると明日の約束をした。

③ナディアは催眠術により、マンションから飛び降りて死亡した。盗まれたとされる貴金属類も発見され、被疑者死亡で捜査を片付けようとした。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
○ナディアの証言に矛盾が多い。彼女は犯人たちが車で玄関前まで入ってきたとされるが、車のヘッドライトは窓から差し込むため気付かないはずがない。

○犯行現場のカーペットに、すり減ったライターの石が落ちていた。事件日まで誰も別荘を使用しておらず、清掃業者も大掃除している。ナディアも夫もタバコは吸わない。強盗の2人はストッキングで覆面をしておりタバコを吸えないはず。そうすると、もう1人タバコを吸う人物が犯行現場にいたことになる。

○犯行現場である別荘の外には、外車のタイヤ跡があった。マークは外車に乗っていて、タイヤ跡を調べると彼の車のタイプと一致する。

○コロンボ警部がマークからライターを借りる。ライターは「姉から医学部の卒業プレゼントとして貰った愛用品」だという。だが事件当日、犯行現場にマークが来た際には、ライターを使用せずマッチでタバコを着火していた。翌日にはマークは新しい着火石をライターに入れている。

○ナディアが死亡した時刻の直前に、マークは間違い電話をかけていた。死亡したナディアの部屋では電話の受話器が外れており、自殺の前に誰かと会話していた可能性がある。

○ベランダの椅子には、ナディアの脱いだ衣類が畳まれていた。貴金属類はスカーフに包まれて靴の中に入れてあった。プールに入る際、ロッカールームがない時には女性はそういう風に仕舞う場合が多いようだ。

○アモバルビタールがナディアの遺体から検出された。この薬は催眠作用を深める効果がある。

○カールが殺害された犯行時刻が7時だとする根拠はナディアの証言のみである。カールの解剖結果によると、もっと早い時刻で殺されている可能性もあり、犯行時刻にマークが研究室にいたというアリバイも怪しくなる。

三幕構成

5時30分の目撃者 三幕構成

小ネタ・補足

〇第1話『殺人処方箋』に続き精神科医が犯人である。同じく、精神的に弱い患者が共犯者となっている。

〇役者「ジョージ・ハミルトン」は、このエピソードでヘビースモーカーの犯人を演じた。57話『犯罪警報』では煙草をまったく吸わない犯人を演じ、煙草を駆使した毒殺を計画する。

まとめ

わたくしごとになりますが、コロンボで初めて見たエピソードです。2016年の8月に45話までBSで再放送していまして、たまたま録画していたのがきっかけです。その当時は、古畑任三郎の元ネタという認識しかありませんでした。

コロンボ警部のキャラクター性は魅力的であり、犯人を逮捕する決め手は鳥肌が立ちました。そして、30話「ビデオテープの証言」を見て、コロンボの面白さを理解するに至ったのです。

催眠術で殺人なんてありかよ!なんて鼻で笑っておりましたが、一種のショートショートのようなオチがツボにはまったと分析しています。倒叙形式は1話完結型で、しっかりと決まりきった型というのが存在します。その型の中で、いかに新しい展開やオチを作り上げられるのかに面白さ感じました。

以上、31話「5時30分の目撃者」でした。