刑事コロンボ 40話『殺しの序曲』天才VS天才

スポンサーリンク

【VS.会計事務所経営者】このエピソードを偏愛する人が続出している名エピソードです。犯行現場となるのは、上位2%の頭脳をもつ人間しか入会することのできない「シグマ協会」。犯人であるオリバー・ブラントはその頭脳を活かしたトリックを用い完全犯罪を企てます。ピタゴ〇スイッチ…⁉

問題:金貨の入った袋が数袋あります(袋の数は何個でも可能)。しかし、1袋だけ偽装された金貨が入っており重量が違います。本物=100g 偽造=110gとしたとき、一度だけ秤を使用して、偽造された金貨が入った袋を見つけてください。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:ロバート・マルコム・ヤング

監督:サム・ワナメイカー

制作:リチャード・アラン・シモンズ

音楽:ボブ・プリンス

本編時間:73分

公開日:アメリカ/1977年5月22日 日本/1978年5月20日

あらすじ+人物相関図

殺しの序曲 人物相関図 『ブラント&ヘイスティング』は、オリバー・ブラントとバーディ・ヘイスティングが共同経営している会計事務所だ。2人は知能数が上位2%の人間しか入会することができない、『シグマ協会』の会員でもある。

シグマ協会の集会の日、バーディは話したいことがあるとオリバーを2階の図書室に呼び出した。オリバーが顧客の金を横領した事実を掴んでおり、それをバーディは告発すると言うのだ。不正が明るみになる前に、オリバーは彼を殺害する決心がつき射殺した。

図書室のレコードプレーヤーに前もって用意した仕掛けを作動させると、下の階に戻った。レコードの再生時間が終わると、爆竹が破裂して、発砲音が鳴り響いたように聞こえる。倒れた音と同時に2発目の発砲音が聞こえると、シグマ協会のメンバーが急いで図書室へ駆けつける。

入り口のドアを開けると、窓を開けていた気圧の影響で図書室の裏のドアが閉まった。たった今、強盗が協会に押し入り、バーディを殺害し逃走していったかのように偽装したのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

オリバー・ブラント

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「殺しの序曲」より引用】

今回の犯人:オリバー・ブラントセオドア・ビケル

吹き替え声優:田中明夫(たなか あきお)

職業:会計事務所経営

殺害方法:射殺(サイレンサー銃)

動機:口封じのため

概要:詳しく見る
ブラント&ヘイスティング」という会計事務所を経営している男性。共同経営者のバーディ・ヘイスティングから、顧客の金を不正に引き出していたことを見咎められると、口封じのために射殺。機械仕掛けのトリックを完成させると、自身のアリバイを作りつつ、あたかも強盗により殺害されたように見せかけた。

コロンボ警部によると、1流の会計事務所なようだ。事務所の方針としては、年功序列よりも、その貢献度と能力を評価する姿勢を大切にしている。大学院卒の会計士を雇い、秘書をしながら仕事を覚えさせて独立させていくというスタンスである。

シグマ協会のメンバーでもあり、会員たちにはフレンドリーに接している一方で、内心では見下している。バーディに対しては理解者としての心情あり、殺害後には「本当に好きだったんだよ」と遺体に声を掛けていた。

犯行に利用した、シグマ協会の図書室にあるレコードプレーヤーは彼の贈与品である。自宅にも同じタイプのプレーヤーがあり、客にレコード会社の社員がいるらしい。クラシック音楽が好きなようで、犯行の際にかけた楽曲は、チャイコフスキー幻想序曲「ロミオとジェリオット」である。

妻がいるが大変な浪費家である。妻のために金を稼ぐ必要があり、株に手を出したが失敗して金が必要になった。原則として会計は共同で行うのだが、秘書のジョージによると、特定の客だけはオリバーが会計をするとのこと。その客とは古い付き合いで、大金持ちの未亡人ばかりである。利口なやり方で資金を横領していたと語る。

昼休憩の時には、ビルの南側にある公園で散歩することが多いようだ。


バーディ・ヘイスティング

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「殺しの序曲」より引用】

今回の被害者:バーディ・ヘイスティング(ソレル・ブーク)

吹き替え声優:高木均(たかぎ ひとし)

職業:会計事務所経営

概要:詳しく見る
オリバー・ブラントと共同で会計事務所を経営している男性。オリバーとのつきありは高校からのようで、その後も大学、今の会社と関係は続いている。オリバーからはいじられキャラのように扱われており、本人には不満感がある。

会計事務所では、秘書のアルビン・ダシュラーとジョージ・キャンパネラがいる。バーディはアルビンに対し不正の調査を依頼して会計不正の事実を掴んだ。ジョージはオリバーが不正していたという事実を隠したことで、バーティ亡き後にはオリバーの秘書になっている。アルビンによると、「良い人だった」と証言し、音楽は何でも好きだったと語る。

シグマ協会ではプログラム委員長を担当している。事件日にはコンピューターの技術者を呼んでの講話を予定していたが、仕事が忙しくゲストは呼べなかった。本人は仕事といっているが、オリバーが不正していた事実を掴み手が回らなかったのであろう。

シグマ教会で会談があると、オリバーと文字当てのゲームをするようだ。辞書のページ数を互いに言い、番号も宣言する。その番号の文字が奇数・偶数どちらのページに載っているかを当てるゲームだ。負けると協会のメンバーに酒をおごるという罰ゲームがあるが、いつもオリバーが負けているとのこと。

オリバーによると、家族はいないらしい。くすぐりに弱いようで、オリバーから脇腹をくすぐられると、笑い声をあげるほど身を反らしている。

犯行計画/トリック

【機械仕掛けのトリックでアリバイを作る】

①オリバーはシグマ協会の2階にある図書室に誰からも見つからずに向かう。図書室のレコードプレーヤーのアーム部分に、コイル付のクリップを装着する。コイルに繋がれた爆竹を傘の中に設置した。

②シグマ協会の講演が終わり、オリバーとバーディは2階の図書室へ向かう。そこでバーディをサイレンサー銃を2発撃ち射殺した。遺体の財布から金を抜き取った。

③分厚い辞書を机の端ぎりぎりに設置して、赤のマジックペンをレコードプレーヤーのアーム近くに置いた。傘の中に銃を入れ暖炉の中に隠すと、窓を開けることで風が入るようにする。レコードプレーヤーは音楽を指定の箇所から再生できる機種であり、チャイコフスキーの幻想序曲『ロメオとジュリエット』が終わる4分前から始まるように設定する。

④レコードプレーヤーを再生して下の階に戻る。4分後、音楽の再生が終わりレコードプレーヤーの針が自動的に戻る。その際、電極のクリップが金属部に当たり、電気が流れて爆竹が作動する。

⑤電極作動により爆竹が1発破裂。その後、赤のマジックペンにアームが当たり、机の端ぎりぎりに置いた分厚い辞書の上に落ちる。辞書が床に落ちることで、何かが倒れたように聞こえる。しばらくして、アームがもう一度動き電極が作動すると2発目の爆竹が破裂した。

⑥異変に気が付いたシグマ教会のメンバーは2階の図書室へ向かう。入り口の扉を開けると、窓を開けていた気圧の影響による風で、裏口の扉が閉まる。たった今、犯人が裏口から逃げて行ったように見せかけた。オリバーは混乱に生じて、電極とコイルを回収した。

⑦シグマ協会の近くでは強盗が多発していた。バーディもその犯人に狙われたように見せかけたのだった。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
○被害者はシグマ協会の2Fにある図書室で殺害された。最後に会ったオリバーの話によると、被害者は辞書で調べていたというが、その辞書は床の上にあった。

○銃声が聞こえた40秒後には、犯人は図書室の裏口のドアから逃げたようだ。犯人は被害者の財布から金を抜き取っただけで、これだけなら10秒で終わる。残りの30秒間、協会の人が図書室に来るまでの間、犯人は何をしていたのか?

○図書室の窓を開けた状態で入口のドアを開けると、裏口のドアが自然にしまった。これで、犯人が逃げていったように見せることができる。

○犯行の際、2発の銃声が聞こえた。1発目の銃声がして、倒れる音が聞こえた。その後2発目の銃声が聞こえた。だが、被害者は同じ角度から2発撃たれていた。倒れた音があるならば、撃たれた角度が違うはずである。

○図書室の床に落ちていた辞書の背表紙には、中央に線が引かれていた。そのそばに赤色のマジックペンがあった。図書室の床に煤が落ちており、何か仕掛けをしたのではないか?

○シグマ協会のレコードプレーヤーはオリバーが寄贈したものである。コンピューターで制御されたレコードであり、指定された箇所から音楽を再生することができる。図書館にあるレコードプレーヤーのアームを支える金具には、クリップで挟んだような傷跡がついていた。

○プレーヤーがセットされていた時間は残り4分間の箇所であった。オリバーが2階の図書室から1階に降りてきて、ちょうど4分後に銃声が聞こえた。

○オリバーはシグマ協会から自宅に傘を持ち帰った。傘を調べてみると爆竹の跡や煤がついていた。

○オリバーは株で失敗して大穴を開けた。そのため金が必要である。横領する必要があった。

三幕構成

殺しの序曲 三幕構成

小ネタ・補足

〇シグマ協会の壁には、第3話『構想の死角』で登場した「メルヴィル婦人」の肖像画が飾られている。

〇犯人がレコードプレイヤーで流していた曲は、チャイコフスキー幻想序曲『ロミオとジェリオット』である。エピソード中に利用された部分は、15分50秒~である。

問題:金貨の入った袋が数袋あります(袋の数は何個でも可能)。しかし、1袋だけ偽装された金貨が入っており重量が違います。本物=100g 偽造=110gとしたとき、一度だけ秤を使用して、偽造された金貨が入った袋を見つけてください。

金貨の問題の答え
金貨の入った袋は3つとする。本物は100g、偽物は110g。1つの袋からは金貨を1枚。2つ目の袋からは金貨を2枚。3つ目の袋からは金貨を3枚取り出す。全て秤に載せ測定すると、計6枚の金貨が載っていることになる。610gなら1の袋に偽造金貨が。620gなら2の袋に偽造金貨。630gなら3の袋に偽造金貨が入っている。

まとめ

非常に綺麗な三幕構成で、「序盤:犯人の後悔」「中盤:犯人の飛躍と転落」「終盤:人生の理解者(コロンボ)の登場」と分けることができます。犯人は他者に対し内心見下した態度をとる一方で、他者に劣等感を感じています。

コロンボに対しては、自分を逮捕する立場でありながらも良き理解者となっています。それが、最後の第3幕「最後の戦い」に集約されており、物語を盛り上がるBGMにも拍車がかかります。最後の詰め手が納得いかない方も多いようです。

犯人は、「君にそんなたわごとを信じさせた奴は救いようのないバカだ!」と語っているように、コロンボのことを心底評価していたのです。それなのに、見下しているシグマ協会員からの入れ知恵により、自分が認めたコロンボ警部が!

となるように、犯人からアクションを引き出すコロンボのリードが見事なんですね。犯人が自白を認めてからのコロンボ警部との会話が印象にも残ります。最後の終わり方も、落語のような切れ味の良いオチで後味が良いですね。

以上、40話「殺しの序曲」でした。