古畑任三郎 28話『若旦那の犯罪』あらすじと解説

古畑任三郎 28話 若旦那の犯罪

【VS.落語家】「完全犯罪とかけて、日曜日にお父さんが作る晩ご飯と解く。その心は、必ず失敗します。お後がよろしい様で」

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:57分48秒

公開日:1999年4月13日

あらすじ+人物相関図

古畑任三郎 28話 若旦那の犯罪落語家・気楽家雅楽は、独演会で兄弟子・気楽家苦楽の新作落語を無断で披露するつもりだ。兄弟子の作品を我が物にするために殺害を計画する。師匠・気楽家有楽との稽古を苦楽に身代わりを頼むと、その間に事務所から真打候補のリストを盗み出した。

アパートに帰宅した苦楽をナイフで殺害すると、彼に変装した雅楽は老人ホームへの慰問に参加し、この時間まで苦楽は生きていたよう見せかけた。その後、雅楽は打ち上げパーティーに参加して自身のアリバイも作り上げる。

苦楽は盗みだした真打候補のリストを見て、今年も真打にはなれないことに悲観して自殺をしたように見せかけたのだった。

人物紹介(キャスト)

主犯今回の犯人:気楽家雅楽(きらくや がらく)

役者:市川染五郎(現:松本幸四郎)

職業:落語家

殺害方法:斬殺(折り畳みナイフ)

動機:兄弟子の作品を我が物にするため

概要:詳しく見る
落語家の男性。将来を有望された若手で独演会も決まっていた。そこで新作落語を披露することになり、兄弟子・気楽家苦楽の作品を我が物にするべく、自殺に見せかけて殺害した。

本名は信雄(のぶかつ)で、『若旦那』の愛称で呼ばれている。3歳の頃には、線路に石を置いて電車を脱線させた過去があり、叔父が7代目・気楽家有楽。父の名は不明ではある。科捜研の桑原によると、先代の『子別れ』は絶品であったと語っている。愛用の扇子は先代の形見である。

ルックスと話しの上手さから独演会を開催することになっており、以前の会場では1512人を集客し立ち見も出る人気ぶりであった。今回の独演会は企画にも携わり、「若い人にも聞いてほしいから」「(落語は古い)そういうイメージを打ち破りたい」と、照明や背景にも力を入れていた。

テレビでも活躍しており、『フレッシュ大喜利』の司会を担当していた。苗字とニックネームのみ挙がったが、『滝沢(タッキー)』とは親友であるとのこと。前へ前へと新しいことに挑戦しているようであるが、古典落語は不勉強な一面がある。


被害者今回の被害者:気楽家苦楽(きらくや くらく)

役者:モロ師岡

職業:落語家

概要:詳しく見る
38歳、落語家の男性。本名は高田渡(たかだ わたる)。古典落語をよく勉強しており、分厚いネタ帳には新作落語を書き綴っていた。師匠・気楽家有楽は、「苦楽は芸人にしては(頭)ここが切れすぎた。噺はダメだったが、(作家)こっちの才能はあった」と、創作能力を高く評価していた。

ただ、新作落語はあくまでも自分自身のモノであるという考え方であり、「俺は作家じゃねえんだ。自分で演じるためにしか書かないんだ」という信念があり、100万円を出されても譲る気はなかったようである。

老人ホームへの慰問活動を継続しており、今回は『白樺会』にて噺を披露する予定であった。高座は、いつも水を打ったように静かだったようで、今年も真打候補には名前は挙がっていなかった。

犯行計画/トリック

『成りすましを依頼し自殺の動機を作る』

①気楽家雅楽は、兄弟子・苦楽に頼み、師匠・有楽との稽古を代わってほしいと頼む。キャバクラで隙を見て苦楽のライターを盗んだ。翌日、雅楽に成りすました苦楽は、有楽との稽古に参加する。その間、雅楽は神楽坂にある事務所に侵入し『真打候補のリスト』を盗み出し、金庫のわざとずらすことで、防犯ベルを作動させた。

②雅楽は独演会で、苦楽の作品『タイムマシンで行こう』を無断で使用した。雅楽と苦楽はアパートに帰宅する。今後、自分の作品を無断したらそれ相応の措置をとると、使用の許可を断られたため、バタフライナイフで喉を切り殺害した。

③被害者のアパートからメモ帳のコピーを回収すると、苦楽に成りすまして、予定されていた老人ホームの慰問に参加する。その後、雅楽は一門の打ち上げパーティーに参加をした。

④雅楽は携帯に、18時30分頃に苦楽から電話があったとでっちあげる。「今年も真打ちにはなれなかった」。その後の調べで、泥棒が入った事務所には被害者のライターが発見され、自宅の机から盗まれたノートのコピーが見つかった。真打候補には苦楽の名前はなく、悲観しての自殺に見せかけた。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!表示する

〇人が警察から知り合いが死んだと聞かされて、最初に出る言葉は”いつですか”と、十中八九決まっている。それが最近電話で話した相手ならばなおさらである。雅楽が一度も聞かなかったのは、いつ死んだのかを知っているからだ。

〇被害者は『煮干し干物』を握りしめて死んでいた。古典落語の1つ『干物箱』は、若旦那が父親の目を盗んで遊郭に遊びに行く話で、友達の善さんに声色を使って自分のフリをさせアリバイを作る内容であった。

〇被害者のアパートの新聞は挟まったままだった。新聞配達員によれば、夕刊は17時に届けている。被害者が帰宅した時、どうして新聞をそのままにしたのか? この時間、すでに亡くなっていた可能性がある。

〇被害者は、事務所の金庫を開け真打候補のリストを盗み出した。それならば、なんのために金庫を動かしたのか? 物盗みの犯行に見せかけるならば、手持ちの金庫でもいいはずだが手を付けていなかった。侵入者はベルが鳴ることを知っており、侵入した時刻をはっきりさせるためにアリバイ工作をしたと考えられる。被害者にはベルを鳴らす理由がない。

視聴者への挑戦状

「えー、私の推理が正しければ。これで事件は解決です。やはりですね、あのダイイングメッセージは若旦那を指していたようです。そして、気楽家雅楽は自分が犯人であるという決定的な証拠を残していきました。果たしてそれは何か。引き続き、解決編をご覧ください。古畑任三郎でした」

小ネタ・補足・元ネタ

〇気楽家苦楽は古典落語をよく勉強し、それを新作落語に活かしていたと言われていた。新作落語『タイムマシンで行こう』は、大ヒット映画が放映される前に戻り、それと同じ映画を作って大儲けしようという内容である。噺の中では、『タイタニック』を先取りしようとしていた。

「しかし、このラーメンもケチなラーメンだな。チャーシューなんか透けて見えちゃってるよ」この流れは、古典落語『時そば』で、ちくわ入りのそばを食べる場面を参考にしている。

〇気楽家有楽が稽古で披露した落語は『野ざらし』の一節である。

「浅草弁天山から打ち出す暮陸奥の鐘。いんにこもって、ものすごくボーン……」

〇気楽家一門は独特なネーミングである。気楽家有楽、雅楽、苦楽、墜落、イラクと作中では登場した。墜落を演じたのは『柳家さん生』、イラクは『柳家さん光』である。

〇気楽家有楽を演じたのは、『梅野泰靖』氏である。刑事コロンボでは、犯人役として3度登場した『ロバート・カルプ』氏の声優を担当していた。

〇独演会のロケ地は、『府中の森芸術劇場』である。

まとめ

第3シーズンの開幕エピソードでございます。新キャラ・西園寺くんが正式加入となった本作品。第2シーズンの芳賀刑事のように、事件捜査の件から古畑警部補が浮いてしまわない仲介役ではなく、古畑警部補に代わり事件の解説を行ったり、今泉くんの出番が徐々に減ってきてしまうなど悲しい一面もあります。

トリックに関しては、やはりどこかしら破綻しているような気もします。『被害者を師匠の稽古に自分の身代わりに参加させる』のは、目が悪い師匠ではありますが、さすがに会話ぐらいはしないものでしょうか。仮にも甥っ子ですので、師匠よしっかりしてくれ! あえて身代わりに気が付いており、その後の事件展開から庇っていたのかも知れませんけど……。

また、被害者が目の前で『煮干し』を握りしめていました。何らかの意図があるのではないかと回収しなかったのもお粗末な犯人ではありますが、想像以上に血が出てしまったので気が動転してしまったとしましょう。

脚本的には、落語にかけた『トリック』と『ダイニングメッセージ』に絞っていった結果ではないかと思います。犯人の性格などもそれに合わせ、古典落語を知らないのでダイニングメッセージの重要性を見逃すなど上手く伏線が張られております。

なんといってもこのエピソードで見どころなのは、『梅野泰靖』さん演じる師匠の存在感でした。解決編では古畑vs犯人という構図がほとんどで、そこに3人目が最後まで加わることは稀(逆トリックなどで加わることがあるが途中で退席)でした。

犯行の動機となった犯人の心情や思いに対し、師匠が返す言葉。

「何も殺すことはねぇじゃねぇか」

ここからもう少し続くのですが、ぜひ見返してみてください。功を焦る弟子に対しての師匠の思いが伝わります。その後の一門引き連れて……の件は、個人的にやり過ぎな感じもしないでもないです。仮にも弟子・苦楽が亡くなっているのに扱いの差。悲しいよ、あたしゃ‼

師匠と弟子との絆を最後に持っていくことで、うまく締めくくられたラストにも見えます。

以上、『若旦那の犯罪』でした。