刑事コロンボ 54話『華麗なる罠』歯科医師が仕組んだ巧妙なトリック

スポンサーリンク

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「華麗なる罠」より引用】

【VS.歯科医】なるべくお世話になりたくないのが、病院ではないでしょうか?独特な匂いや、暖房によって一定の温度に保たれた微妙な暖かさ。待ち時間の長さ……。挙げるときりがありません。

特に歯医者となると、「また来てくださいね」と勝手に次回予約されていたり、歯石をついでにとられたりすることも。ドリルの音が嫌ですよね。「キュイーーン」「ガリガリガリガリ!!」今回の殺人事件は、そんな歯科医が巧妙に仕組んだ毒殺トリックを用います。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇犯人が妻との離婚を避けるため、一石二鳥の殺人を画策。

〇有名映画俳優やメジャーリーガーがちょい役で登場。

〇コロンボ屈指の諦めが早い犯人。

データ

データ:詳しく見る
脚本:スティーヴン・ボチコ

監督:アラン・J・レヴィ

制作:ペニー・アダムス

制作総指揮:ジョン・エプスタイン

製作総指揮スーパーバイザー:ウィリアム・リンク

共同制作総指揮:ピーター・フォーク

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス&W・R・ウッドフィールド

クリエイティブ・コンサルタント:ビル・ドリスキル

音楽:ジェームズ・ディ・パスカル

本編時間:96分

公開日:アメリカ/1990年4月28日 日本/1994年12月2日

あらすじ+人物相関図

歯科医ヴェズリー・コーマンは、熱狂的なギャンブル狂いであった。また、様々な事業にも手を伸ばし投資をするが、どれも失敗に終わる。とっくに破産しているような金は、愛する娘が結婚して相手だからと、全て義父であるホレス・シャーウィンが肩代わりしていたのだった。

ホレスからは絶縁を宣言され、娘リディアとの離婚を突き付けられる。また、リディアも俳優アダム・エヴァンスと以前から不倫関係にあった。妻と離婚してしまえば、ヴェズリーは経済的に破綻してしまう。それを是が非でも避けたい彼は、ホレスに恩を売りつける殺害計画を画策した。

妻の不倫相手であるアダムは、元々ヴェズリーの歯の患者であり、診察時間をずらして治療を行った。その際、歯のかぶせ物に、心臓の薬「ジギタリス」を仕組んだ。これで、アダムが妻との密会のする晩には、毒が溶け出して数分で心臓麻痺が起こる。

ヴェズリーはその時刻、ポーカーをしていたというアリバイを作り、リディアが電話をかけると、その場所に連絡が入るように設定をした。妻からの電話を受けると、急いで自宅に戻り、アダムの死を隠ぺいしてリディアを介抱する。窮地を救ったことで、義父ホレスからの評価は戻った。しかしヴェズリーは、リディアが殺人を行ったように偽装し、事件を誘導していたのだった。

人物紹介

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「華麗なる罠」より引用】

今回の犯人:ウェズリー・コーマンジェームズ・リード

吹き替え声優:菅生隆之(すごう たかゆき)

職業:歯科医師

殺害方法:毒殺(心臓病の薬ジギタリス)

動機:離婚すると破産してしまうため。

概要:詳しく見る
概要:歯科医院に勤務する歯科医師の男性。医院長ホーレス・シャーウィンの娘、リディアと5年前に結婚している。しかし、リディアはすでに愛想を尽かしており、俳優アダム・エヴァンスと不倫関係にある。また、ホーレスにも多額の借金を肩代わりしてもらっており、離婚を迫られている。離婚すると破産してしまうため、義父の評価を保ちつつ、妻の犯行に見せかける殺人事件を計画した。

ホーレスによると、アシスタントを5年間務めてもらったが、歯科医としてはまったくの無能と評価される。また、リディアも当初こそ愛していたものの、俳優アダム・エヴァンスと不倫関係にあった。ホーレス、リディアから必要とはされず肩身が狭いと言える。投資やギャンブルにも才能がなく合計22万ドルの借金をしており、その借金は全てホーレスに肩代わりしてもらっている。※1990年4月:1ドル=158円 22万ドル=3千4百76万円

借金内容は、①競走馬に投資するも、わずか2レースで馬が急死。心臓麻痺で保険もかけていなかった。②リゾート開発では、10万ドルが水の沫。③ラスベガスをはじめとしたギャンブルなどである。また、ボー・ヤングという男性から、タルサ郊外に油田に関しての投資を検討していた。※10万ドル=1千5百80万円

そんないい所がない彼ではあるが、7年前にリディアを救っているらしい。最初の夫トニーが新婚初夜のメキシコのホテルで急死した。心臓発作であり、リディアは彼を助けたいと自分の心臓の薬「ジギタリス」を服用させたとのことだが、どこで関わっていたのだろうか?リディアが故意に薬を使った殺人にならないよう、今回の計画のような偽装をしたのであろうか。病院に緊急入院させて騒ぎが収まるのを待つ作戦のアイディアを出したのだろうか?

歯科医院のオフィスには、スターの写真が多数飾られており患者に多いらしい。また、治療に関しては「ウルトラソニックドリル(超音波)」で削る機械があるようで、通常のドリル音が苦手な人でも安心のようだ。

ギャンブルに関しては、今エピソードでは「ポーカー」「競馬」を行っていた。ポーカーはジョン・バレンタインの家で集まってやっており「ナンシー・ウォーカー」「ディック・サージェント」「ロン・セイ」「ジョン・アローク」など、名だたるメンバーが参加している。

競馬は情報通がいるようで、オッズ25倍の大穴「ピノキオ」という競走馬が必ず勝てると豪語していた。ポーカーは2000ドルの負けであるが、競馬は連勝中であった。コロンボ警部もピノキオに1ドルを賭けたようだが、その後の結果は不明である。※2000ドル=31万6千円

競馬場ではゲンの良い飲み物として、ミルクを飲むようにしているようだ。また、化学は苦手であるとのこと。コロンボシリーズの犯人は、人生の成功者ともいうべき人物たちが多いのだが、どこか負け犬的な犯人であり、コロンボから詰め手を出されたときには「もういい」と、早々と諦めて罪を認めた。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「華麗なる罠」より引用】

今回の被害者:アダム・エヴァンスマーシャル・ティーグ

吹き替え声優:関俊彦(せき としひこ)

職業:俳優

概要:詳しく見る
概要:リディアと不倫関係にある俳優の男性。交際は真剣だったようで、ウェズリーが離婚したら結婚をする約束をしていた。もし殺害されなければ、映画祭でカンヌに5日間滞在する予定であった。歯の治療箇所は、小臼歯の空洞を埋めることであった。ウェズリーから治療後、1日は酒を飲まないようにと忠告はされていたが、その晩にリディアと密会。マルガリータを飲酒している。

映画にも出演しており、コロンボによると「面白かったよー。ヘリからバンバン撃ってさー」とのこと。検死報告では全身57箇所の傷があったが、スタントもやるため、アクションシーンでついた傷も多かった様子。人気絶頂で、女性にモテモテで、金はある脂の乗った時期であった。そんな彼が選んだリディアとはパーティで知り合い、2ヶ月前までは1晩に2度は電話を掛け合っていたようだ。

死因は心臓発作を防ぐ薬「ジギタリス」である。用量は1㎎(塩2粒)、それをはるかに超える量の薬が体内に入り、1~2分で死亡してしまった。

犯行計画

妻の不倫相手アダム・エヴァンスを心臓麻痺に見せかけて殺害する。偽装工作を行うものの、手掛かりを残しておく。毒殺は、妻リディアが行ったかのように事件を誘導した。

①歯科医ヴェズリー・コーマンは、アダム・エヴァンスに電話をかける。今日の14:00~の予約を、12:30に変更してもらった。その後、ヴェズリーは車で自宅に戻り、妻の寝室から心臓の薬「ジギタリス」を10錠抜き取った。歯科室に戻ると、ジギタリスを乳鉢ですり潰しパテで固めた。

②受付の女性に電話をかけ、昨夜アダムからキャンセルがあったと嘘を言う。早めに昼の休憩に入らせた。12:30にアダムが歯科医にやってくる、そのままヴェズリーが治療を行っていく。右上の歯のクラウン(被せ物)を外して、歯科用ドリルを使用しクラウンに小さな穴を開ける。その中に、パテで固めたジギタリスを埋め込んだ。

③ヴェズリーは自宅に戻り、妻リディアと会話。ヴェズリーは、今夜もポーカーに行くと言い自宅から出ていく。その後、プールハウスの電話機から、妻の電話の会話を盗み聞きした。妻は今夜、アダムと密会するようだ。

④(描写なし:おそらくここで?)プールハウスの電話機を設定を変更する。911「緊急呼び出しボタン」を押すと、ヴェズリーがポーカーをしている、ジョンの自宅に電話がかかるようにした。

⑤ヴェズリーがポーカーの最中。リディアもアダムと密会中。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
〇被害者のシャツのポケットに、「ウェズリー&リディア・コーマン」と印字されている未開封のマッチが入っていた。それなのに、ズボンの中にはライターも入っている。シャツは毎日洗濯するものであり、何日も前からマッチが入っていたとは考えられない。被害者は最後にウェズリーの自宅へ寄ったようだ。

〇死因は心臓発作を防ぐ薬「ジギタリス」を服用した中毒死だった。また、被害者の唇に付着していた白い粉のようなものは塩であった。リディアは被害者に「マルガリータ」をつくり、それを被害者は飲んだ。酒をつくったグラスとブレンダ―からは、毒が検出された。酒のボトル=750ml 現場にあったボトルは630mlで、120ml飲んだようだ。

〇ジギタリスは用量を超えて飲むと、1~2分で死亡してしまう。被害者はどうやって車に乗り、15㎞離れたマルホランドまで行けたか?リディアが殺したとしても大柄な男性を車に乗せるのは不可能だ。他の共犯者がいるはずである。ウェズリーとエヴァンスを問いただすと、2人が協力して遺体を運び出したようだ。被害者はウェズリーの自宅で死んだ。

〇リディアは、被害者が倒れた時に、緊急ボタン(911)を押したという。しかし、ウェズリーがポーカーをしていたジョン・バレンタインの自宅に繋がった。機械を設定してジョンの自宅に繋がるようにしたはずだ。また、リディアは1日2錠ジギタリスを服用する。15日前に処方された為、20錠残っているはずなのに、11錠しか残りがなかった。

〇被害者が亡くなった日の駐車半券が車に残されていた。時刻は12:20であり、ウェズリーは彼と接触をしたようだ。また、被害者の車のブレーキが「N(ニュートラル)」になっていた。わざと、事件だと発覚させたかったようだ。

〇被害者は、マルガリータを2杯飲んだ。しかし、普通最初の1杯で毒が回り死んでしまう。そうなると、1杯目を飲んだ時には毒は入っていなかった。毒がグラスに入れられたのは死んだ後になる。毒は一定時間溶けないゲルに包み、虫歯の空洞に埋めたはずである。被害者の右頬の裏側に裂傷があった。麻酔をかけた為に感覚がなく、誤って噛んでしまったようだ。治療した箇所は右側の歯であり、そこに毒を仕込んだ。

どのように決着をつけたのか
〇コロンボはウェズリーを検死室に呼び出した。そこには義父ホーレスもいた。今から被害者の歯に毒を仕込んだという証拠を見せるという。そういうとコロンボは、昔買った化学セットを取り出した。試験管に水を入れると、それをライターで温めはじめる。

ジギタリスと陶器(クラウン:歯の被せ物)は、人間と同じような体温の水を掛けると、化学反応を起こして青く染まるのだと言う。コロンボはクラウンに乗っている粉に温水を掛けると、青く染まった。ホーレスはそれを見ると、被害者の口を開けて毒を仕込んだクラウンを抜き取るという。

その時、ウェズリーは「もういい」と言い、罪を認めたのだった。ホーレスとウェズリー、そしてリディアが部屋から出ていくと、検死官のジョンソンは「陶器にジギタリスで青くなったりするもんか。クラウンが染まるとしたら、洗濯用の青み剤だ」と呟く。コロンボが部屋から出ていくと、そのシャツは青く染まっていた。ウェズリーと会話の中から彼が化学が得意ではないと分かり、実験セットを用いた逆トリックを思いついたのだった。

三幕構成

まとめ

個人的にコロンボの犯人の中で屈指のイケメンだと思ってます。ただ反面、諦めも屈指の早さでした。最後まで粘っていれば、証拠は出なかったのかも知れません。しかし、そこはコロンボの自白させる上手さでした。

犯人は化学が苦手と語っており、事件解決方法も、その化学を用いた証拠で証明をしました。一種の苦手意識というものは中々払拭できるものではありません。何事も見た目が大事であり、苦手な対象物を見た瞬間に何だかやる気が削がれる気がしないでもありません。だからこそ、警部は「化学セット」なんて分かりやすい物を持ち出して、「これから化学を使った証拠を見せます」なんて状況づくりをしたのかも知れませんね。

以上、「華麗なる罠でした」