刑事コロンボ 64話『死を呼ぶジグソー』マクベイン原作第2弾

【VS.????】刑事コロンボ史上、死者4名という最多のエピソードです。銀行強盗犯が、盗み出した莫大な金。これを隠したとされる地図の写真は、いくつかに分けられ、他の人物たちが所有をしています。この『写真の欠片』を巡り殺人事件や、コロンボ警部が潜入捜査を行います。

犯人視点から事件が進む倒叙形式ではありません。アクション、サスペンス要素の強い、普通の刑事ドラマのような印象を受けます。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇エド・マクベイン『87分署-はめ絵』が原作

〇コロンボ警部が変装。潜入捜査!

〇現場不在証明の決め手はピーター・フォーク氏のアイディア
→『ピーター・フォーク自伝』”糸口”探し実践編-P.178

データ

データ:詳しく表示する
脚本:ゲイリー・デイ

原作:エド・マクベイン

監督・制作:ヴィンセント・マケヴィティ

制作:クリストファー・セイター

制作総指揮:ピーター・フォーク

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:93分

公開日:アメリカ/1994年5月2日 日本/1999年11月12日

あらすじ+人物相関図

死を呼ぶジグソー 相関図ある晩、都市から離れた場所にあるアパートへ忍び込んだ男がいた。しばらくして、住人の男が帰宅し、侵入した男と鉢合わせになった。そして、銃声が響いた。銃声に気づいたアパートの管理人は警察に通報し、部屋の中からは2人の相打ちになった死体が発見されたのだった。遺体の手には、写真を切り分けたようなピースの一片が握られていた。

翌日、コロンボとブラウン刑事の元へ、保険調査員アーヴィング・クラッチがやって来る。そして、7年前にロサンゼルスで発生した『400万ドル銀行強盗事件』について語り始めると、トランクの中から、切り分けられた写真の一片と、半分に破かれた名前のリストを取り出したのだった。

名前のリストに載る7名の人物が握る、写真のピースを集めて合わせると、未だに発見されていない、400万ドルを隠した場所を示す地図になるという。保険調査員のクラッチは、その事件がきっかけとなり、会社が大損となった。そのため、この欠片と名前のリストを警察に届けに来たのだ。

半信半疑であったコロンボたちは、相打ち事件の被害者となった男のアパートを調べていく。すると、見つからないように隠された、写真のピースを発見したのだった。これで、クラッチの話は真実だったことになる。コロンボたちは、名前のリストを頼りに残りのピースを集めていくが、行く先々ではその写真の断片を巡り、ジグソーに関わった人間が次々に殺害されていくのだった……。

7年前の銀行強盗事件に関して

ロサンゼルスで白昼堂々と起きた銀行強盗事件である。8月の雨の日に、4人組の男が『ナショナル信託カルバー支店』を襲撃。400万ドルを奪い逃走した。この事件は、今回コロンボ警部のパートナーとなった、黒人刑事の『ブラウン』が担当していた様子。現在も盗まれた金は発見されていない。
※1987年8月=147円 400万ドル=5億8千800万円

アンソニー・ボナミーコ
4人組のリーダー。札付きのワルで15年の刑に服し、仮出所の身で銀行強盗を行った。
レオ・ダモーレ
前科者の男
マイキー・ライアン
前科者の男
デイビッド・スタイン
運転を担当。しかし、雨でスリップし他の車と衝突してしまう。

デイビッドのスリップ事故により、パトカーに囲まれて4人は射殺されてしまう。しかし、事件からわずか45分で車からは400万ドルもの大金が消えていたのだった。

銀行強盗事件後の保険調査員アーヴィング・クラッチ氏

アーヴィング・クラッチ 刑事コロンボ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死を呼ぶジグソー」より引用】

今回の登場人物:アーヴィング・クラッチエド・べグリー・Jr

吹き替え声優:納谷六朗(なや ろくろう)

職業:保険調査員

概要:詳しく表示する
概要:大学を卒業以来14年間、トランスライフ保険で調査員として働く男性。7年前に起きた『ロサンゼルス銀行強盗事件』の調査担当として、強奪金の捜索に任命させる。しかし、2年間必死に探したが収穫はゼロであった。そのため、会社が補償金として400万ドルを支払うことになる。

これにより、会社は大損。『給料は4年前よりぐーんと下がった』と語っている。また、重要な仕事にも携わさせてもらえず、閑職へと追いやられてしまう。

強盗事件のリーダーであるアンソニー・ボナミーコの妻(メアリー)が、姉(ルチア)に財産を残していた。その中に、アンソニーの筆跡で書かれた半分に破れた名前のリストと、写真のピースがあったのだという。

今回、アパートで起きた相打ち事件をきっかけに『この4年間、毎晩眠らずに考えて、やっと糸口を掴んだ』と話す。警察が新聞に公開した写真のピース。ルチアから買い取ったピース。そして、名前のリストには7名の人物が記載されている。これは、ジグソーパズルのように、7つのピースを集めることで、強奪金を隠した場所が分かるようになるはずだと、警察に協力をしにきた。

ピース所有者に関して(名前リスト順)

モー・ワインバーグ 刑事コロンボ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死を呼ぶジグソー」より引用】OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピース所有者:モー・ワインバーグバート・ヤング

吹き替え声優:大塚周夫(おおつか ちかお)

職業:マフィア

概要:詳しく表示する
概要:銀行強盗犯のメンバーであるデイビッド・スタインの友人。そのため、1枚ピースを渡されていた。警察の情報によると、プロの悪党ですぐに暴力を振るうとのこと。実際に、マフィアに扮したコロンボと協力関係を結んでいたのだが、銃を使って殺害しようともしていた。これは、コロンボによって見抜かれてしまい失敗している。

ジェラルディン・ファーガソンがピースを所有していることは把握しており、度々彼女の経営するギャラリーへ偽名を使って訪れている。偽名は2種類①アル・ランドルフ ②アル・ラインハートである。なお、本人が最初に語った名前ランドルフは忘れている。


J・J・デリンジャー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死を呼ぶジグソー」より引用】OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピース所有者:J・J・デリンジャー(?)

職業:ガソリンスタンド店員

概要:詳しく表示する
概要:物語冒頭で相打ちとなった拳銃を持った男性。アパートの管理人によると、5~6ヶ月間住んでいた。1人住まいで静か。家賃はしっかりと払ってくれていた。シルバーレイクにあるガソリンスタンドの夜勤で働いていたようだ。そのため、銃の所有許可を持っていた

ユージン・エドワード・アーバックに侵入され、銃弾を発砲した。相手の腹部と心臓を撃ったものの、喉を切られてしまう。監察医によれば、1分以内には出血多量で死んだとされる。ピースの隠し場所は、キッチンペーパーのロールの中であった。


ユージン・エドワード・アーバック

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死を呼ぶジグソー」より引用】

ピース所有者:ユージン・エドワード・アーバック(?)

職業:?

概要:詳しく表示する
概要:物語冒頭で相打ちとなったナイフを持った男性。かなり身軽であり、自身の倍以上はある柵を駆け上がりアパートに侵入。非常階段から窓枠に移り、ナイフで鍵を開け部屋へと入った。しかし、帰宅したデリンジャーと対峙し、腹部に1発の銃弾を受けながらも相手の喉を切る。だが今度は心臓に銃弾を受けて死亡した。

侵入時の服装は、イタリア製の高級服。住宅地はロスモアという、洒落た場所に住んでいる。ピースの隠し場所は、電灯のソケットの中に入れていた。


メアリー・ボナミーコ 

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死を呼ぶジグソー」より引用】

ピース所有者:メアリー・ボナミーコ(?)

職業:アンソニーの妻

概要:詳しく表示する
概要:銀行強盗事件のリーダーであるアンソニー・ボナミーコの妻。ピース2枚、名前リストの半分を所有していた。死亡する前に、アーヴィング・クラッチにピース1枚と、名前リスト半分を4万ドルで売っていた。死後、姉(ルチア)に遺産品として、残りのピース1枚が渡った。

ジェラルディン・ファーガソン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死を呼ぶジグソー」より引用】

ピース所有者:ジェラルディン・ファーガソンシーラ・デニス

吹き替え声優:鈴木弘子(すずき ひろこ)

職業:美術品店経営

概要:詳しく表示する
概要:アンソニー・ボナミーコの愛人の女性。『ジェリー』と呼んでほしいと言っている。現在はマフィアから足を洗い、美術品を販売・展示する『ファーガスン・ギャラリー』を経営している。なお、値段はぼったくりである様子。警察を見抜く素晴らしい観察眼を持っている。変装したコロンボと初めて対峙した瞬間に、警察の人間であると見抜いた。

夫ハロルド・ファーガスンは、ダイヤの取引業を営んでおり、銃の所有許可があった。銃はホルスターに収めていたようで、微妙に服に膨らみができるようだ。そのため、銃を所有できる職業、相手の言動などから警察か否かを判別できるらしい。なお、夫とは現在は別居中だ。

姉妹であり、妹のジニ―・ダモーレは、強盗犯のメンバーであったレオ・ダモーレと夫婦であった。妹のジニ―はマヌケだったようで、しっかりしている姉にレオからピース+名前リスト半分を渡された。

ブラムリー・カーン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死を呼ぶジグソー」より引用】

ファーガスン・ギャラリーの店主は、ブラムリー・カーンである。名前リスト半分を所有していることから、主にブラムリーが相手に交渉してピースを獲得しようとしたりしていたようだ。


ドロシア・マクナリー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死を呼ぶジグソー」より引用】OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピース所有者:ドロシア・マクナリータイン・デイリー

吹き替え声優:弥永和子(やなが かずこ)

職業:娼婦

概要:詳しく表示する
概要:強盗犯マイキー・ラリーの叔母であった女性。治安が悪い地域の安下宿に住んでおり、コロンボ警部が訪れた際には、外からは怒鳴り声やらが聞こえていた。住所登録や、ポスト投函にある名前の表記は『D・マクナリー』としている。

娼婦をしていたが、名前表記をDにすることで、客から名前を知られないようにしているようだ。現在はそういった仕事は(あんまり)行っていない……らしい。20年前には、ヌード写真なども出していたと推測できる話もしている。

ロサンゼルス警察の殺人課にいた『パット・マキャヴェ二―』という刑事と親交があった様子。コロンボも彼のことを知っているようであり、弟も警察をしているようだ。コロンボ曰く「すごく面白いやつだった」とのこと。病気をしているらしいが、その後は言及されていない。

マイキー・ラリーからは、ピースを1枚渡される。その後、マイキーと交流があったデリック・コームズからもピースを1枚送られた。だが、写真が宝の在り処という情報は聞いてはおらず、その存在は完全に忘れてしまっていた。

ボクサーの『ボビー・ウィリス(リングネーム:タイガー・ウィリス)』と同棲していたが、リングで若い選手との対決中に死亡したとのこと。


ピース所有者:デリック・コームズ(名前のみ)

概要:詳しく表示する
概要:病院へ重体であった男性。マイキー・ライアンと親交があったようで、ピースを渡されていた。自身に何かあった際には、ドロシアへピースを送る約束をしていたようで、病気で死亡する前に約束通りドロシアへピースを送付していた。

なお、ブラムリー・カーンも1度彼の元を訪ねた様子。しかし、重病でありまったく相手にされなかったとのこと。

ピース所有者の関係簡略図

死を呼ぶジグソー 刑事コロンボ

三幕構成

三幕構成 死を呼ぶジグソー

まとめ

7年前にロサンゼルスで銀行強盗事件が発生。逃亡の45分間の間に、強盗犯4人は盗んだ400万ドルを隠します。さらに隠し場所の写真を撮り、それを8つに分けて関わりのある人物に渡しました。その後、逃亡のさなかに、警察によって強盗犯4人は射殺されてしまいます……。

45分間の間に可能なのか?あらかじめ、隠しておく場所の写真は撮っておいて、8つに分けていたのでしょうね。最期に、400万ドルを隠した箱が発見されますが、警察が重機を使って吊り上げるのです。箱には重りもついているし、強盗犯4人で運び出せたのでしょうか?

色々と突っ込みたくなる部分が多いのですが、小説では詳しく言及されているのでしょうか。まだ、未読ですので、読んでみたいと思っております。

以上、「死を呼ぶジグソー」でした。