刑事コロンボ 66話『殺意の切れ味』リアルかみさんと対決

新刑事コロンボ 66話 殺意の斬れ味

【VS.鑑識員】コロンボの身内に犯人がいるという権力の墓穴』というエピソードを彷彿とさせます。鑑識員パトリック・キンズレーと愛人キャサリンの共犯です。キャサリンには、横暴な夫クリフォードがおり、邪魔な存在となっていました。そこで、夫と対立関係にある人物を殺害して、その罪を被せるという展開は今までにはありませんでした。

ただ、犯人パトリック・キンズレーが殺人に加担する動機が弱いというのが気になります。愛人であるキャサリンにそそのかされて殺害計画を企てますので、惚れた弱みというやつなのでしょうか?

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく表示する
脚本:チャールズ・キップス

監督・制作:ヴィンセント・マケヴィティ

制作:クリストファー・セイター

制作総指揮:ピーター・フォーク

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:92分

公開日:アメリカ/1997年5月15日 日本/2001年4月13日

あらすじ+人物相関図

刑事コロンボ 人物相関図資産家クリフォード・カルバートは、株取引において不正な情報を提供し、資産を過大に評価し負債の総額を隠していた。このことで、投資家ハワード・セルツァーは莫大な損害を被り、訴訟を起こす準備を進めていた。もし、裁判になれば、いずれ不正があったことが発覚し、クリフォードは無一文になってしまう。

妻キャサリンは、横暴な夫には嫌気がさしており、かといってこのままいけば、現在の贅沢な暮らしはなくなってしまう。そこで、愛人パトリック・キンズレーと共犯となり、訴訟を進めるハワードを殺害したうえで、夫クリフォードに罪を被せる計画を企てる。そうすれば、訴訟相手は消え、邪魔な夫も逮捕される。現在の地位を維持したまま生活できる、一石二鳥のアイディアだ。

パトリックは、娘が病院に運ばれたから電話を貸してほしいと言い、ハワードの屋敷に入った。そこで、彼を射殺する。掃除機でカーペットの繊維と猫の毛を回収すると容器に詰めた。その晩、結婚パーティーに参加した、クリフォードとキャサリンはダンスを踊り、その容器に詰めた繊維を彼のスーツに付着させた。

凶器はクリフォードの銃で、スーツには犯行現場にいたとされる繊維が付着している。また、彼にはハワードを殺害する動機もあった。さらに、パトリックはロス市警のベテラン鑑識員であり、捜査を有利に運ぶこともできるのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

共犯今回の犯人:パトリック・キンズレーデヴィッド・ラッシュ

吹き替え声優:船越英一郎(ふなこし えいいちろう)

職業:ロス市警鑑識員

殺害方法:射殺(38口径)

動機:愛人にそそのかされ

概要:詳しく表示する
ロサンゼルス市警鑑識員の男性。数ヶ月前まで警察学校の先生をしていた様子。鑑識歴15年のベテランであるが、コロンボ警部とは初対面だったようだ。コロンボ警部は20年間刑事をやっていると『奇妙な助っ人』で語っており、2人はすれ違いが多かったのだろう。

愛人キャサリンがおり、彼女の計画である『ハワードを殺しクリフォードに罪を被せる』というアイディアを、ベテラン鑑識員の経験から内容を考え出した。ハワードの自宅で彼を射殺し、ハンディクリーナーでカーペットの繊維を回収。その繊維をクリフォードのスーツに付着させ、犯行現場にいたことに照明させるという、真新しい科学捜査のようだ。

しかし、まさかキャサリンが、繊維をスーツの背中に付着させるとは夢にも思わなかっただろう。カーペットに転がりでもしない限り、スーツの背中には繊維は付着しないであろう。ズボンにでも付着させておけば、完全犯罪は成功した可能性が高かった。

自宅かホテルか?寝室のみ紹介され、隣にはシャワールームが備え付けられていた。また、冷蔵庫の中には白ワインだけが入っていた。十徳ナイフをポケットに入れて持ち歩いており、栓抜きでワインコルクを抜いたり、葉巻の端を切り落とすのに使用していた。


共犯今回の犯人:キャサリン・カルバートシーラ・ダニーズ

吹き替え声優:藤田淑子(ふじた としこ)

職業:クリフォードの妻

動機:邪魔な夫を廃除し現在の地位を確保するため。

概要:詳しく表示する

資産家クリフォード・カルバートの妻。横暴な夫に嫌気がさしていたが、離婚すると現在の豪勢な暮らしがなくなってしまう。そんな時、夫がハワード・セルツァーから訴訟を受ける。愛人パトリック・キンズレーと共犯となりハワードを殺害、クリフォードに罪を被せて逮捕させる。

そうすれば、現在の地位を失わずに邪魔な夫を廃除できる、悪魔のような計画を思いつく。アイディアは彼女のものであるが、内容自体はパトリックが考えており、彼女はノータッチである。

昔はかなりの貧乏暮しであり、再び貧乏に戻るのだけは避けたかった様子。コーヒーには甘味料だけをいれるようだ。また、車酔いしやすいようで、後部座席は乗らず助手席を好んでいる。


被害者今回の被害者:ハワード・セルツァーレイ・バーク

吹き替え声優:小室正幸(おもろ まさゆき)

職業:投資家

概要:詳しく表示する
株仲買人の男性。クリフォード・カルバートが不正な情報を提供。資産を過大に評価し、負債の総額を隠していたという。このことで、買った株が大打撃を受け多額の損害を受けてしまった。顧問弁護士トレイシー・ローズと訴訟を起こす準備を進めていた。

自宅はベルヴェア地区にあり、豪華な家に住んでいる。理想の家を買うために夢中でお金を稼ぎ、気が付けば独身である。寂しさを緩和させるためか?灰色のペルシャ猫を飼っていた。

不正な情報で大損するは、クリフォードに逆上され殴り飛ばされるは、関係ない第3者に殺されることになるなど、大変かわいそうな被害者である。

犯行計画/トリック

【訴訟の準備をするハワード・セルツァーを殺害。邪魔になった夫クリフォード・カルバートに罪を擦り付け逮捕させる】

①キャサリンの友人が結婚式の日、夫クリフォード・カルバートにも参加を促す。彼が外出したのを確認すると『葉巻』と、机の引き出しにある『拳銃』を回収し、小袋に詰めた。売店で夫に電話をしつつ、傍の茂みに小袋を置く。それを、愛人パトリック・キンズレーが回収した。

②パトリックは「娘が救急車で運ばれたから電話を貸してほしい」と、ハワード・セルツァーの屋敷に尋ねる。しばらく電話で会話をしたそぶりをする。その後、世間話をして油断したハワードを射殺した。

③ハンディクリーナーで、カーペットにある繊維を回収する。その繊維を容器に詰めた。その後、葉巻の吸い口を十徳ナイフで切り落とし、灰皿に残しておいた。警報機を作動させ、すぐに警察が駆けつける。パトリックは現場を後にすると、凶器の拳銃は海に投げ捨てた。

④キャサリンとクリフォードは結婚パーティーに参加。クリフォードは、彼女の車に繊維を詰めた容器を入れておいた。キャサリンは途中で抜け出し外の車に赴き、そこで容器の中にある繊維をポーチの中に入れた。

⑤キャサリンはクリフォードをダンスに誘う。そこで、繊維を彼のスーツに付着させた。クリフォードにはハワードを殺す動機がある。そして、犯行現場に行ったという繊維の証拠が残る。また、パトリックはロス市警の鑑識員であり、事件を有利に進めることができるのだった。

推理と捜査(第二幕まで)

推理と捜査
○被害者は、クリフォード・カルバートの不正な情報により、多額の損害を受けていた。そのため、顧問弁護士と訴訟を起こす準備を進めていた。また、クリフォードに話を聞くと、持っているはずの38口径の拳銃がなくなっていたようだ。

○犯行現場から逃げ出した被害者の飼い猫が見つかった。また、現場には葉巻の端が見つかった。この葉巻は、クリフォードが愛煙している物であった。さらに、家宅捜索によって彼のスーツを調べると、背広に付着していた繊維と、犯行現場のカーペット、猫の毛が一致した。

○クリフォードは、コンビニで『のど飴』を購入していた。コンビニから北へ8キロ進むと、殺人現場につき、北西へ30キロ進むと結婚式が行われた教会に到着する。しかし、のど飴を買った時刻は18:35である。殺人は18:24に起きていた。殺した後、アリバイ作りができる教会には向かわず、なぜ南のコンビニに向かったのか?

○クリフォード以外で拳銃を入手できた人物は、メイドと妻キャサリンだ。旦那が裁判に負けたら困るので、キャサリンには動機がある可能性が高い。

○クリフォードは葉巻を吸う時、『ウェッジ・カッター』という、吸い口が楔形になる道具を使用している。①自宅の灰皿②法律事務所で彼が吸っていた切り口は楔型だった。しかし、犯行現場で見つかった葉巻の端は真横からストレートに切られていた。

小ネタ・補足

〇2018年11月3日放送『刑事コロンボ 完全捜査ファイル』にて、船越英一郎氏が声優として起用されたきっかけとしては、サスペンスドラマで、コロンボの吹き替えをしている石田太郎氏に、コロンボのファンであることを伝え、犯人役をやってみたいと頼んだところ、石田さん経由で正式に抜擢されたそうである。

ディアゴスティーニの『新・刑事コロンボDVDコレクション』第21号「殺意の切れ味」には、船越英一郎氏のインタビュー記事あり、詳しく読むことができる。

まとめ

残念な点とはしては、ラストシーンにあります。『最後の戦い』においては、コロンボ警部が自白を引き出すために、互いに仲たがいをさせる作戦にでます。巧みな話術と間を空けて、見事作戦成功します。それはまぁまぁいいです。

コロンボ警部がレストランで『どこで2人が親密な関係』であるのかを、懇切丁寧に映像と共に振り返って説明をするのは蛇足な感じがします。自分としては、刑事コロンボのラストシーンでは、犯人退場の捨て台詞、動かぬ証拠の提示により物語が終わる鋭い『斬れ味』を楽しんでいます。

いつもより警部が真犯人に気が付くのに時間がかかったりしますが、コロンボ警部も最初から全てを見抜いているわけではなく、捜査により導き出した過程を整理し推理していくのだと改めて感じさせる場面でもありました。

犯人の職業がいいですよね。鑑識員という警察側の人間でありながら犯罪に加担するという、お互いに反発し合う関係にこそ面白さ生まれてきます。もうちょっと年配のベテラン鑑識員の引き起こす殺人事件というもの観てみたかったと妄想していました。

また、「殺意の斬れ味」というタイトルですが、正直パッとしません。どういったストーリーであるのかがわからんのですよね、これならどのエピソードに名付けてもいいじゃん! となるネーミングは勿体ないのですよ。

以上、「殺意の斬れ味」でした。