古畑任三郎 14話『しゃべりすぎた男』火花舞う法廷

古畑任三郎 14話 しゃべりすぎた男
古畑任三郎 ロールシャッハテスト

【©フジテレビビジョン『警部補 古畑任三郎「しゃべりすぎた男」より引用』】

【VS.弁護士】「御無沙汰しています。早速ですがこれは何に見えますか?コウモリ、潰れたカエル、セミの顔。人によって答えは様々です。そう、これがかの有名なロールシャッハテスト。ちなみに私の答えは『交尾している牛』です。

古畑任三郎 妻と義母

【©フジテレビビジョン『警部補 古畑任三郎「しゃべりすぎた男」より引用』】

それでは次。これは何に見えますか?『おばあさんの顔』、大抵の人はそう言います。しかし、よく見てください。ここにはもう一つ別の顔が隠されています。『むこうを向いている若い御婦人』、お分かりになりませんか?分からない人は一生分からないでしょう。つまり私が言いたいのは、物は見ようによっていろんな形に見えるということで…」
スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:69分57秒

公開日:1996年1月10日

あらすじ+人物相関図

しゃべりすぎた男 人物相関図

弁護士・小清水潔は、有力弁護士の令嬢・稲垣啓子との婚約が決まっていた。結婚すれば、弁護士としての地位も向上する。だが、小清水にはもう一人の女性がいる。スタイリスト・向井ひな子だ。この関係を黙認する見返りに金銭を要求してきたたため、小清水は邪魔になった彼女を殺害する計画をたてる。

秘書・安西に、仮眠を取るので22時に電話するように促すと、電話機の転送機能を使い自身の携帯電話に繋がるように設定した。これでこの時間、事務所にいたというアリバイができた。その後、向井のマンションでガラスの水差しを使い彼女を撲殺すると、交際を迫っていた今泉慎太郎に容疑が向くように偽装したのだった。

今泉は、向井の遺体を見て驚くとその場から逃走。その後警察に確保されたのだった。拘置所で今泉は古畑に、大学同期の弁護士を呼んでくれるようにと頼む。その弁護士とは、今泉に殺人の罪を擦り付けた張本人、小清水清であった。

人物紹介(キャスト)

主犯今回の犯人:小清水潔(おしみず きよし)

役者:明石家さんま

職業:弁護士

殺害方法:撲殺(ガラスの水差し)

動機:邪魔になったため

概要:詳しく見る
概要:小清水法律事務所の弁護士である男性。有力弁護士の令嬢・稲垣啓子との結婚が決まり、邪魔になった恋人・向井ひな子を殺害。その罪を今泉慎太郎に擦り付けると、挙句に自分自身がその弁護を担当することになった。

今泉慎太郎、向井ひな子とは大学で同じゼミに所属していた同級生である。向井と交際をしていたようであるが、そのことを今泉は知らない。また、裏では『タコ坊主』と呼んでいた。そんな縁もあるため、今泉は小清水に弁護を依頼をした。

弁護士としての腕は確かであり、冒頭で担当した裁判では「人は物を先入観で見てしまう」と、番外戦術を用いたやりとりで証言人の不確定さを証明して見せた。今泉の裁判でも終始優勢に進め、この調子でいけば傷害致死で5年の実刑でだったようだ。

有力弁護士である稲垣の父の分析では「わざと検事に異議を唱えさせて反論の形で演説をぶつ。見事なテクニックだ」と評価された。また、第1話『死者からの伝言』の犯人・小石川ちなみ事件も担当していたようで、こちらも無罪を勝ち取っている。

完全犯罪まであと一歩のところであったが、こちらもよくしゃべる古畑を情状証人として裁判に立たせてしまったことが大失態に繋がった。自身が主張した「人は物を先入観で見てしまう」を、古畑から返されてしまい自白をすることになった。

去り際に古畑へ告げる。「あんた司法試験受けなはれや」「なるべく早くでっせ」「決まってまっしゃろ。僕の弁護するんだ。たのんまっせ…」そう言い法廷を後にしたのだった。

関西出身なのか?関西弁をベースに話してしている。また、軽度の猫アレルギーであり、猫に触れると、くしゃみをしてしまうようだ。


被害者今回の被害者:向井ひな子

役者:秋本奈緒美(あきもと なおみ)

職業:スタイリスト

概要:詳しく見る
概要:37歳独身でスタイリストの女性。今泉慎太郎、小清水潔とは大学で同じゼミに所属していた。小清水とは交際関係にあり、彼が有力弁護士の令嬢と交際を始めると、自身との関係を黙認する見返りに金銭を要求していた。

古畑曰く、スタイリストの給料では住むことができない高級マンションで生活しており、住所は『東京都世田谷区上柳町3丁目17番5号 パールマンション3階 301号室』である。小清水からの金銭的援助で住むことができていたのだろう。

大学時代は『花田』という苗字を使用していた。そのため、今泉からは「ハナちゃん」と呼ばれている。大学卒業後、今の仕事を始める前に『向井』に変更している。また、今泉慎太郎からは交際を申し込まれており、結構な頻度で会っている様子。

しかし、本人にはその気はなく、まったく相手にもしていない。結婚や付き合う気もないと宣言している。しかし、今泉から薔薇一凛を強引に渡される。置き場所に困ったようで、ガラスの水差しに活けていた。ゴミ箱に入れることもできたはずだが、植物には優しい一面が見られる。

ペットに『ドモンジョ』という猫を飼っている。猫アレルギーである小清水が来る日は、ペットホテルに預けているようだ。彼女の死後、ドモンジョは古畑任三郎が飼うことになった。

犯行計画/トリック

【交際を迫っていた今泉慎太郎の犯行に偽装】

①小清水は、秘書・安西に仮眠を取るので22時に電話をするように指示する。その時間小清水は、向井ひな子のマンション近くに移動している。安西が事務所に電話をかけると、転送機能により小清水の携帯に繋がり会話。これで、犯行時刻は事務所にいたアリバイが完成した。

②向井ひな子の部屋で会話。彼女はこれまで通り金銭を要求するようだ。小清水は殺害を決意し、ガラスの水差しで彼女を殴り殺した。直後、電話機が鳴る。交際を迫っている今泉慎太郎がやってくるようだ。小清水は警察に「人を殺した」と通報する。

③今泉がマンション前にやってくると、ドアロックを解除した。今泉は向井の遺体を見て取り乱し、その場から逃走した。犯行現場には今泉の指紋が多数ある。今泉は警察に確保された。彼は大学同期の弁護士・小清水に、自身の弁護を依頼したのだった。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
〇小清水は、向井ひな子の大学時代しか知らないと話していたが、ちゃんと今の苗字『向井』で呼んでいた。彼女は大学卒業後『花田』という苗字に変更しており、最近会ったのではないか?

⇒A.調書に書いてあったからそう呼んだ。

〇古畑と小清水は、犯行現場に車で移動する。小清水は「1度も行ったことがないから」と古畑に道を尋ねた。また、マンションの部屋が何階にあるのかもわからないと答えた。しっかり調書に書いてあるはずなのにおかしい。

〇被害者は、ペットの猫をホテルに預けていた。それも決まった曜日に預けており、猫アレルギーの人物と会っているのではないか?今泉は猫を飼っている。小清水は猫アレルギーだった。

〇向井はだれかと付き合っているようだった。名前は明かさなかったが、その人物のことは『先生』と呼んでいたようだ。先生がつく職業といえば、学校の先生、政治家、医者…そして弁護士である。

〇小清水には22時に事務所にいたという電話のアリバイがある。秘書・安西はその電話を録音しており、聞いてみると入っていなければならない音がなかった。小清水はその時間、事務所にはいなかったことになる。

視聴者への挑戦状

「えー、完全犯罪と思われた小清水弁護士の殺人。実は彼は1つ大きなミスを犯してました。ヒントはこの裁判記録の中に隠されています。皆さんもちょっと考えてみてください。古畑任三郎でした」

三幕構成

しゃべりすぎた男 三幕構成

小ネタ・補足・元ネタ

〇冒頭の裁判シーンで小清水は、「人は物を先入観で見る」と話した。刑事コロンボ1話『殺人処方箋』では、精神分析医の犯人が、「人は先入観で物を見る」というセリフがある。また、オープニングではロールシャッハ検査の映像が流れていた。

〇古畑任三郎と小清水潔が、犯行現場のアパートに車で移動する場面がある。しかし、小清水は現場には「一度も行ったことがない」と、とぼけるシーンがある。これは、刑事コロンボ21話『意識の下の映像』からの引用である。

〇ラストの詰め手で、敏腕弁護士がそんなことで簡単に白状するだろうか?という意見がある。しかし直前で、婚約者・稲垣啓子が法廷から立ち去るシーンがある。

元はといえば、有力弁護士令嬢と円満に婚約するために犯した殺人であった。心が折れてしまったのではないだろうか? 殺人を犯してまでも守りたかったものを失ってしまったのだから。

『刑事コロンボ読本』での三谷幸喜氏のインタビューによると、本来は『ロックシンガー』の犯人であったが、明石家さんま氏が弁護士が面白いと話し、急遽シナリオを変更した。

また、54:50古畑「友人の人生がかかってるんです」というセリフは、三谷氏にしてみれば不本意であった様子。古畑には、徹底的に生活感や人間関係は出さずミステリアスな存在にしたかったからとのこと。しかし、プロデューサーはいい展開だと号泣したと綴られている。

〇冒頭の裁判シーンで小清水は「鼻に眼鏡を付ける人ができるくぼみがある」と、裸眼で出廷した人物の視力について尋問する場面がある。映画『十二の怒れる男たち』からの引用である。また、三谷幸喜氏は『12人の優しい日本人』というパロディを制作している。

まとめ

とっても対決感があふれるエピソードなんですね。古畑任三郎の部下・今泉慎太郎が殺人の容疑で逮捕されてしまうんです。交際を迫っていた向井ひな子の遺体を見て、驚いてその場から逃げ去ってしまったのが大失態ですね。すぐに警察から捕縛されてしまいます。

でもこの時に彼は、自律神経失調症を患っており休職中だったんです。精神的に不安定でもあり、両手に血がべっとりとついて、パニックになって思わず逃げ出しちゃったんでしょうね。大人しく自宅療養していればよかったのに、向井と会ってたのはダメです!

さて、このエピソードで面白いのは『犯人が罪を擦り付けて弁護しちゃう』点なんですね。これは見事な設定だとは思いませんでしょうか? 犯人視点から進む倒叙ものでは、弁護士の犯人がよく登場するんですが、殺人を別の人物に擦り付けて自分が弁護をするなんて初めてです。

古畑は、今泉のことを今までバカにしてきました。振り返っていると酷い扱いなものです。でもこれは、古畑なりの愛情表現だったんですね。小清水潔が怪しいと睨むや否や、どんどんと矛盾点を突き付けていくんです。でも小清水ものらりくらりと回避して、まさに倒叙の醍醐味である丁々発止のやり取りを満喫することができます。

特におススメなのが、40分30秒~の小清水の事務所でのシーンからです。こっから最後までノンストップで火花が散ったような展開が待ち受けているんです。見たことがある方はぜひもう一度、見たことない方はぜひ見てください。

古畑は言います「友人の人生がかかってるんです」。これが熱いんですね。今泉慎太郎のことを初めて友人だと認めているんです。あれほど役に立たないと言っておきながらです。まったくもってツンデレですね。

また、ミステリーとしての解決編の鮮やかさは見事です。小清水は言いましたね。「人は物を先入観で見る」と、これが最後に自分に返ってくるんです。小清水を演じた明石家さんまさんの良くしゃべるというキャラクター性と、法廷ものの中でのやりとり。これが最後に一気に還元されるんですね。

設定、展開、盛り上がるBGM、解決編の見事さ。どれをとっても素晴らしいシナリオです。

以上、『しゃべりすぎた男』でした。

  1. こんにちは。ネタバレ防止で伏字にしますが、間違いのモトになった〇〇と△△って絶妙な組合せだと思いました。後者のあの呼び方は今では死語状態ですし、より形状的に間違えやすい物もたくさんありますよね。
    いかし、△△の他の呼び方や代替物の候補で思いつくのはみんなカタカナ語なんですよね…〇〇(和語)と思っていた小清水が、調書や芳賀への尋問を真剣に見聞きしていなくても、パッとカタカナ語が飛び込んできたら字面や語感の違いでさすがに気づいたかも知れません。もし早い段階で△△に訂正されていたら、古畑の推理のきっかけさえなかったと思います。

  2. 花畑様

    ≫間違いのモト
    ≫絶妙な組合せ
    視聴者側にとっても『〇〇だったり△△』と見えた人には見えてしまうのがミソですよね。御清水弁護士の、「人はモノを先入観でみる」という考え。冒頭の裁判でも、『どうみてもバナナ』。だけど、人によってモノの見え方が違うという論点から裁判を逆転していました。
     誰もがそう見えるというモノを、ただ一人だけ御清水は勘違いをしていた。多数派の中にいる少数派を生み出すという自分の得意な弁論術をそのまま返されてしまい、『決定的なミスをしてしまった』という空気感。思わず敏腕弁護士も自白を認めたくなる古畑警部補の心を折る誘導が上手いです。
     それにしても、粉々になっていたアレと同じモノを特定した芳賀刑事も凄い!
     

  3. 「自分が使った手段で、別の相手にやられる」というのはいろんな作品で見ますね
    自分は映画「大脱走」で検問のグッドラックに引っかかったマクドナルド中尉を思い出しました

  4. ≫映画「大脱走」
    ≫マクドナルド中尉
     面白い映画ですよね。それぞれエキスパートたちが協力し合い1つの脱走を企てる。ラストは悲しくもなります。情報屋として語学も堪能であるマックでしたが、仲間に注意するように指導していた”引っ掛け”で、つい口を滑らせてしまう。相手側の警察官も、たまたま口から出たのかもしれませんが大変優秀です。