刑事コロンボ 19話『別れのワイン』全生涯をワインに捧げた男の犯罪

スポンサーリンク

【VS.ワイン製造会社の経営者】ドラマ性の高い作品で、ファンによる投票でも1位を獲得したエピソードです。殺人を犯すに至った「人生」を理解し、共感し得る犯人像があります。

いかに被害者に同情をさせないストーリー展開にするかが上手い脚本なんですね。よーく見てると、犯人は酷い奴なんですけど憎めない悲しさもあるのです。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:スタンリー・ラルフ・ロス

原案:ラリー・コーエン

監督:レオ・ペン

制作:ロバート・F・オニール

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:95分

公開日:アメリカ/1973年10月7日 日本/1974年6月29日

あらすじ+人物相関図

別れのワイン 人物相関図ワイン製造会社の経営者エイドリアン・カッシーニは、ワイナリーでワイン協会の有力者3人をもてなしていた。秘蔵のワインを取りに社長室へ戻ると、腹違いの弟でオーナーのリック・カッシーニがいた。彼は4度目の結婚をするために、結婚資金を借りにきていたのだ。

エイドリアンの儲け度外視なワイン造り、経費でビンテージワインを収集するため経営は右肩下がりである。そのため、リックはワイナリーを大手酒造メーカーに売却すると伝える。ワイン造りに人生を捧げてきたエイドリアンは激怒し、近くにあった電話機を掴むとリックを殴りつけ気絶させた。

協会員や秘書が帰った後、手足を縛ったリックをワインセラーの中に入れ空調を切る。ニューヨークで開かれるワイン品評会に1週間滞在すると、その間リックは窒息死した。帰国すると、リックの遺体をスキューバダイビングの衣装に着替えさせ海に遺棄する。ダイビング中に頭を打ち付け気絶し、そのまま溺死した事故に偽装したのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

エイドリアン・カッシーニ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「別れのワイン」より引用】

今回の犯人:エイドリアン・カッシーニドナルド・プレザンス

吹き替え声優:中村俊一(なかむら しゅんいち)

追加吹き替え:塚田正昭(つかだ まさあき)

職業:ワイン製造会社経営者

殺害方法:窒息死(ワインセラーの空調を切る)

動機:ワイナリー売却を阻止

概要:詳しく見る
ワイン酒造「カッシーニ・ワイナリー」の経営者。ワイナリーのオーナーは腹違いの弟リック・カッシーニで、経営を一任されている。儲け度外視な製造工程、会社の資金を趣味のワイン購入に充てるなど道楽で儲けにならないため、リックからワイナリー売却を宣言されてしまう。激怒し思わず電話機で頭部を殴りつけ気絶させると、売却を防ぐために、スキューバダイビング中の事故死に偽装する殺人へと発展させた。

父はイタリア人、母はイギリス人で名門の血を残したと語っている。父の遺産として、もともと現金を引き継いでいる。それを全てビンテージワインの収集に使い切ってしまうなど浪費癖がある。しかし、趣味となると人は盲目的に金を使い後悔しないものである。ニューヨークでは、1万8千ドルをワイン購入に使ったようだ。(1973年10月1ドル:266円 1万8千ドル=611万8千円)

私の人生はワインあるのみ」と語るように、ビンテージワインを収集する目的は、「他のだれにも渡したくない」ことから。毎日14:30にワインをガラス容器(デカンター)に移し替え、新鮮な空気の入れ替えを行っている。誰にもこの作業は任せたことはないと証言し、このことはコロンボ警部に疑問を抱かせることにも繋がってしまった。

ワイナリーは弟から任せられ、25年間経営をしている。趣味が仕事になったため、儲け度外視の経営。会社の経費で1本5000ドルのビンテージワインを買うなどやりたい放題だ。その情熱はワイン協会にも認められ、『今年の人』に選出されることが決まっていた。ここから業績は黒字に転化していたのだろうか?(1973年10月1ドル:266円 5000ドル=133万円)

製造しているワインは6種類あり、赤は3種類でバーガンディー『ピノ・ノワール』『ギャメイ』。クラネットの『カベルネ・ソーヴィニョン』だ。白は3種類で内容は不明である。シャンパンは嫌いであり製造はしていないとのこと。

ワインに対しての味覚はすさまじく、酸化したワインの味の変化を感じとってみせた。これは世界に数人しかいないという離れ業である。酸化を言い当てたワインは『フェリエ・ヴィンテージ・ポルト45年物』だ。

目を輝かせ、水で料理の口直しをしてまで楽しみにするワインの味が酸化していたことはショックだったようで、そのワインを臭い水とまで罵った。人1倍温度変化に気をつけている彼が、殺人を犯すためにワインセラーのエアコンを切ってしまったことは残念でならない。

エイドリアンに恋心を抱いていた秘書カレン・フィールディングに事件の真相を掴まれて、結婚を迫られる。コロンボに罪を自供した際には、「結婚するより刑務所の方が自由かも知れませんな」と言い、独身貴族を謳歌したのである

「生涯を通じて真に愛したのは、(ワイナリー)ここだけだった」、彼はそういうと、コロンボとの別れのワインを飲んだのである。最後に飲んだワインは『モンテフィアスコーネ』で、「最高のデザートワイン」と評価しているが、実際は相当な辛口ワインだそうだ。彼の味覚は特別らしい。


リック・カッシーニ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「別れのワイン」より引用】

今回の被害者:リック・カッシーニ(ゲイリー・コンウェイ)

吹き替え声優:加茂喜久(かも よしひさ)

職業:ワイン製造会社オーナー

概要:詳しく見る
ワイン酒造『カッシーニ・ワイナリー』オーナーの男性。父の遺産としてワイナリーを受け継いだが、まったく経営に興味がなく、ワイン好きの兄エイドイアンに運営を任せていた。だが儲け度外視な経営で、自分自身は4度目の結婚を控えている。結婚資金獲得のためワイナリー売却を宣言した。

結婚資金を借りに兄に言った台詞は、「俺は高級な酒より現ナマ(現金)が欲しいんだ」である。ワイン大好き人間であるエイドリアンに、よりにもよって『1リットル69セント』という破格の安酒を製造している『マリノ酒造』に会社を身売りする算段をたて、エイドリアンに逆上されてしまった。

実際、兄には結婚資金を送る資金はあった。アリバイ工作のためだが、5000ドルの結婚祝い金を小切手で送っている。エイドリアンのワインに対するプライドを傷つけたことが、殺害される要因でもあったのだろう。(1973年10月1ドル:266円 5000ドル=133万円)

テレビ番組の報道によると、名の知れたスポーツマンでありプレイボーイ。「アマチュアのレーサーで多くのレースに勝ちトロフィーを得た。プロへの転向は拒否し、スポーツは金より楽しみのはず」とのコメントが流れたが、実際には現ナマが欲しかったのだ

スポーツで体力を消費するため、かなりの大飯食いだった様子。婚約者ジョアン・ステーシーの話によると、嫌いな物は芽キャベツで、それ以外なら何でも食べたとのこと。ボートレース/スカイダイビング/スキューバダイビングと楽しんでいたようだ。

父親はエイドリアンと同じだが、母親は違うとのこと。エイドリアン曰く、母親は「お前にどん欲な性質を残すことに功績を残した」と語っているが、どちらかといえば、兄のエイドリアンもどん欲ではないだろうか?

それにしても、ワイン好きなエイドリアンにワイナリーを受け継がさせなかった父の考えとしては、遊び惚けているリックに現金を渡してしまうと、一瞬で使い切ってしまいそうで、しっかりとした立場の職を与えて自立して欲しかったのではないだろうか?

犯行計画/トリック

【スキューバダイビング中の事故死に偽装】

①エイドリアン・カッシーニは、ワイナリー売却をめぐり、リック・カッシーニと社長室で口論となる。電話機でリックの頭部を殴りつけて気絶させる。ワイン協会員や秘書が帰った後、リックをロープで縛る。ワインセラーに運び出して空調設備を切った。

②リックの車を車庫に隠すと、自分の車で空港まで移動する。ワイン品評会のためニューヨークで1週間を過ごした。その間、ワインセラーでは空気が無くなり、エリックは窒息死する。

③帰国後にリックの死亡を確認する。スキューバダイビングの衣装に着替えさせると、彼の車で海に向かう。遺体を海に遺棄すると、ダイビングの際に頭を打ち付けて気絶、そのまま酸素切れで窒息した事故死に見せかけることができた。エイドリアンは、車に積んでいた折り畳み自転車で帰った。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
〇エイドリアン・カッシーニは、誰にも任せたことはないという、ガラスの容器にワインを移し替える作業をワイン協会の1人に任せていた。

〇被害者の死亡推定時刻(スキューバダイビングをしていたとされる)は、先週の火曜日で雨だった。被害者は車を大事にしているのに、どうして雨を避ける布を掛けて置かなかったのか。そもそも雨天にスキューバダイビングをするものなのか。

〇車は1週間は野ざらしになっていたことになるが、雨染みがなかった。また誰からも発見されていなかった。遺体の検死解剖の結果、リックは2日間何も食べていない。彼は大食いだったのに。

三幕構成

別れのワイン 三幕構成

小ネタ・補足

〇エイドリアン・カッシーニが、ニューヨークから帰国する際、航空機の中でワインを飲む場面がある。そこで、「不味い!」というような表情をしている。これは、酸化したワインを当てられる味覚の持ち主であるという伏線である。

〇27:20~コロンボと警官のかみ合わない吹き替え版の会話。「火、つけましょうか?」「いいんだよ節煙してるから……マッチ持ってる?」「(探す動作はするものの)いいえ持ってません」英語では実際には「鉛筆を持ってる?」と聞いているようだ。

『ちびまる子ちゃん』の第10巻67話『プロ野球開幕!!の巻き』というエピソードで、刑事コロンボを見ていたまる子と友蔵が、父・ひろしに、ラスト10分のところで野球中継にチャンネルを変えられてしまう。後日、学級委員の丸尾くんに結末を教えてもらうのだが、説明から『別れのワイン』を視聴していたようだ。

まとめ

コロンボ警部はワインを勉強をしていき、最後には犯人からも、「よく勉強されましたな」と、コロンボを認めるのです。最後にワインを通し、エイドリアン・カッシーニは最高の友人を得るのですが、すぐに逮捕という別れを告げることになるのです。

その縮図がラストの車内でワインを酌み交わすシーンに濃縮されています。いかに被害者に同情させないような脚本構成、演出の運びにするか、これが見事です。犯人のワインに対する情熱、その大切なワインを殺人を犯してダメにしてしまい、ワインを叩き割るシーンが悲壮感を上げています。

それにしても、40年かけてワインの道を極めたワインショップのおじさん。エイドリアンが言う、「酸化したワインの味を当てられるのは、わたしのほか世界に数人しかいない……」その中に含まれているのかが気になります。

以上、19話「別れのワイン」でした。

  1.  はじめまして。というか実は『仮面の男』のラストについてごちゃごちゃ書き込ませていただいた者です。丁寧なレスありがとうございます!
     他の記事も読ませていただいたら、面白くてためになる記事がいっぱいなので、通りすがりの匿名でなくペンネームを使わせていただこうと思いました。H君というのは子供の頃からのコロンボファンで、私にコロンボの面白さを教えてくれた人です。
     私も実はコロンボで初めて倒叙型ミステリというものを知り、犯人の上をいくトリックを使って、鉄壁の守りのどこに穴を開けていくかという面白さにはまりました。よろしくお願いします。
     コロンボの原題はことわざのもじりとか、二重の意味が隠されているとか、味わい深いものが多いと思います。この『別れのワイン』も座布団一枚!と叫びたくなる題です。原題は Any Old Port in a Storm ですが、Old を取った Any Port in a Storm は、「どんな(小さい、またはボロな)港でも嵐の際には(安全地帯)」つまり「急場しのぎ」「苦肉の策」という意味らしいです。そこに Old が入ると、英語国民は「ん? 慣用句とちょっと違うけど・・・嵐の際にはどんなに老朽化した港でも??」と思いながらドラマを見始めて、ラストに至って「港」の意味が変わって「嵐にあったらたとえどんな年代物のポートワインでも」・・・台無しになっちゃうっていう意味だったのか!しかも「苦肉の策」が招いた結果!と気づく仕掛けになっているようです。

  2. ≫私も実はコロンボで初めて倒叙型ミステリというものを知り、犯人の上をいくトリックを使って、鉄壁の守りのどこに穴を開けていくかという面白さにはまりました。
     ※Hさんと共に長年のファンなのですね!私は2017年のBSで再放送していた、『5時30分の目撃者』『ビデオテープの証言』で刑事コロンボを初めて見まして、その面白さにのめり込みました。まとめブログのようなものを立ち上げましたが、まだまだニワカファンの勉強中です。記事も加筆修正していきます。

    ≫コロンボの原題はことわざのもじりとか、二重の意味が隠されているとか、味わい深いものが多いと思います。
     ※【Any Old Port in a Storm Port】で(港/「ポート」ワイン)で二重に掛かり、うまくミスリードさせたタイトルなんですね。先に全編を日本語訳のタイトルで見ました。後になってから原題を調べると、お洒落だったりユーモラスなタイトルばかりで、日本語タイトルとは大胆に変えたものも多くびっくりとしました!