刑事コロンボ 12話『アリバイのダイヤル』一度は考える?氷と電話の完全犯罪

スポンサーリンク

【VS.ゼネラルマネージャー】あなたは推理小説を創作したことがあるでしょうか? その中でも思いついたりしたトリックが、『完璧なアリバイ』があり『氷』を使った殺人という人がいると思います。このエピソードはまさにそれを駆使した計画殺人なのです!

また、今作は”アリバイ崩し”がコンセプトです。刑事コロンボの中で、純粋なアリバイ崩しは69作品のうち『アリバイのダイヤル』『仮面の男』の2作品に限られており、貴重なエピソードです。ラストの犯人とコロンボが無言で視線だけでのやりとりは釘付けです。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:ジョン・T・デュガン

監督:ジュレ三―・ケイガン

制作::ディーン・ハーグローグ

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:74分

公開日:アメリカ/1972年11月5日 日本/1974年5月18日

あらすじ+人物相関図

アリバイのダイヤル 人物相関図フットボールチーム『ロケット』のゼネラル・マネージャーであるポール・ハンロンは、ワグナー・スポーツの2代目社長エリック・ワグナーの殺害を計画していた。『世界最大のスポーツ大国の実現』という夢を達成するためには、無能なうえ、やる気のないエリックを葬ることで会社を乗っ取り、さらなる事業拡大をする野心があったからだ。

フットボールの試合中にボックス席から抜け出したポールは、電話を駆使したトリックを用いて自身のアリバイを作った。そのうえで、自宅のプールで泳いでいたエリックを氷塊で殴り気絶させると、プールの飛び込みで頭を打ち付けて溺死した事故に偽装したのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

ポール・ハンロン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「アリバイのダイヤル」より引用】

今回の犯人:ポール・ハンロン(ロバート・カルプ)

吹き替え声優:梅野泰靖(うめの やすきよ)

職業:ゼネラル・マネージャー

殺害方法:溺死(氷塊で殴り気絶させ)

動機:事業拡大

概要:詳しく見る

「ワグナー・スポーツ」のゼネラルマネージャーである男性。御曹司として会社を引き継いだ現社長エリック・ワグナーは経営に無関心であり、自身が会社を乗っ取ろうと画策する。亡き先代社長の夢でもあった、『世界最大のスポーツ大国の実現』のため、さらなる事業拡大の野心を実らせた。電話と氷を駆使した殺人を考案し、プールでの事故死に偽装した。

最初は広報担当としてワグナー・スポーツに入社している。初代社長の死後は、2代目社長のエリックの補佐役として会社の実権を握る。ゼネラル・マネージャーとしてスポーツチームの監修も務めるようになった。

手腕は確かなもので、バスケットチームを買収し、スタジアムを2つ増築。エリックのため200万ドルを稼いでいる。物語の冒頭では、嘘かは不明ではあるが、カナダのホッケーチームの買収のため、エリックに署名をさせる名目で電話をしていた。(1972年11月1ドル=300円 200万ドル:6億円)

ロケットのメンバーとのコミュニケーションは上手くいっているようだが、コーチやワグナー家の弁護士からはあまり快く思われていない。弁護士ウォルター・キャネルが盗聴器を仕掛けていることに気が付き、それをアリバイ工作に利用している。


エリック・ワグナー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「アリバイのダイヤル」より引用】

今回の被害者:エリック・ワグナーディーン・ストックウェル

吹き替え声優:森功至(もり かつじ)

職業:ワグナー・スポーツ社長

概要:詳しく見る

ワグナー・スポーツ社長の男性。父が先代社長のため、死後は会社を引き継いだ。経営や事業拡大にはまったく興味はなく、酒に女のプレイボーイである。運営は全てポール・ハンロンに一任しており、自身は遊び惚けている。書類に署名する際などには、社長として記名はしている様子。

ロケットのコーチがエリックが亡くなったと聞いた際には心底驚き、コロンボが去った後にはベンチに腰を下ろして落胆した姿を見せ、妻シャーリーも取り乱すなどした。事業拡大の野心はないものの、人望的には長けており愛されている人物だったようだ。

犯行計画/トリック

【プールでの溺死に偽装】

①フットボールの試合前、ポール・ハンロンは自宅にいるエリックに電話を掛ける。昨晩は女性と遊ばせるように仕向けており、彼は遅くに起床する。酒の酔い覚ましにとプールで泳ぐように促しておく。その後、フットボールチームコーチのリゾに、作戦変更をするのでハーフタイムにボックス席に来るように伝えた。

②試合開始時刻になる。アイス屋に変装したポールは、会場の外に駐車しているアイス販売車に乗り込み、エリックの自宅に向かう。途中で公衆電話からエリックに電話をする。その際、ラジオをONにしており、ボックス席から試合を観戦していると思わせた。

③プールで泳いでいるエリックを氷塊で殴り気絶させ溺死させる。ジャンプ台から足を滑らせ、打ちどころが悪くそのまま溺死したと事故死に偽装できた。プールサイドに水で自分の靴跡が残ってしまっため、水を撒いてごまかした。

④ハーフタイムまでにボックス席に戻ると、リゾコーチと会話する。弁護士ウォルター・キャネルは、ポールのことを心良く思っておらず電話に盗聴器を仕込んでいた。エリックとの電話のやりとりには、先の試合中のラジオ音声も入っており、犯行時刻はボックス席にいたという鉄壁のアリバイを完成させた。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!

〇現場となったプールの水は塩素系だった。だが、プールサイドに巻かれていたのは水道水である。清掃業者は来ていないので誰かが水撒いていったようである。

〇ポールは試合が始まる前は不機嫌であった。フットボールの試合が始まると、自身のチームのミスが多くあり良い所は何もなかった。それなのに、ハーフタイムでポールと話をした時には機嫌はなおっていた。

〇エリックの自宅近くでアイスクリーム屋を目撃した子供がいる。しかし、その時間帯にはアイスの会社は販売を行っておらず、スタジアムで販売を行っていた。

三幕構成

アリバイのダイヤル 三幕構成

小ネタ・補足

〇犯行現場となったプールで、コロンボ警部の革靴が水で濡れてダメになってしまう場面がある。その後、犯人ポール・ハンロンのオフィスで、弁護士ウォルター・キャネルと会話し、「すいませんけど、あなたのその靴、おいくらしました?」と尋ねる台詞があるが、『ピーター・フォーク自伝』P.187によると、これはアドリブだそうだ。視聴者も印象に残ったらしく、街中を歩いていると通行人から服装について「おいくらしました?」と聞かれることがあったようだ。

〇新刑事コロンボ56話『殺人講義』では、法学部の生徒たちにコロンボ警部が講義をする場面がある。そこで、台詞はないが足を持ち上げて革靴を見せるシーンがあり、プールで濡れたエピソードを語っていたのではないだろうか? この講義では、他エピソードを語る場面も見られた。また、ゲストとしてポールを演じた『ロバート・カルプ』が犯人の父親役で登場していた。

〇後半になって登場した『イヴ・パブコック』嬢っていったい何してたの? 彼女は派遣型の娼婦(デリバリーヘルス)である。コロンボと会った際、刑事だと分かり嫌悪感を現したのは風営法違反の可能性もあるためだ。冒頭でエリックと関係があったのが彼女である。

エリック・ワグナーは、ポール・ハンロンに女性を用意するように指示しており彼女が派遣された。その際ハンロンは、エリックの妻シャーリーにバレないように、妻が慈善活動でアカプルコに発つまでの間、秘書という名目で雇い入れていた。

そのことを彼女が派遣される前に、弁護士ウォルター・キャネルから雇われた私立探偵ラルフ・ダグスが掴み、パブコックに対して事務所の電話機に盗聴器を仕掛けるように賄賂を贈っていた。だがその一件は、ポールもまたパブコックを買収したために盗聴器が仕掛けられたことを知った

この盗聴器が仕掛けられているというのを逆手にとって、ポールはアリバイ工作に転じる犯行計画を思いついたのである。役者は『バレリー・ハーパー』氏で2019年8月30日癌により80歳で亡くなれたようだ。吹き替え声優は『荒砂ゆき』氏が担当した。

まとめ

電話のトリックによりアリバイが完璧だとわかるまで、52分と時間がかかります。そのため、物語冒頭でなぜラジオをつけて電話などしているのなど、ミステリー好きや察しの良い視聴者以外には構成上で不親切な面も見られます

ちゃんと伏線が貼られており、電話で会話している時に雑音が流れている演出があるんですね。ただ、この時点では視聴者には何のことやら分かりません。次々と現れる登場人物たちも、一体なにをしてきたのか不明瞭なまま物語が展開するのも複雑な要因になっています。

ノベライズ版は270Pあるのですが内90Pは上記の件で、犯人ポールと弁護士ウォルターが裏で情報をめぐる攻防戦が展開されているのです。ドラマだとこの部分がまるごとカットされており、途中からのスタートでちょっと複雑に感じてしまうんですね。

アイスクリーム屋の衣装をなんで犯人が持っていたのかなども知ることができるので、気になる方は読んでみてください。動機に関しては犯人の過去が関係しているなど、ドラマとは違った感じを受けます。

本当に狙いは会社の事業拡大?  実質的な会社の運営をポールに一任しています。社長であるエリックも誰からも嫌われてはいないし、ポールを信頼しています。署名だって断らなかったし協力的な姿勢でした。

ポールの本当の狙いは、エリックの妻であるシャーリーだと考えると面白いですね。作中での言及はなないものの、精神的に参っているシャーリーをポールは献身的に支えている場面がありました。

さらに、シャーリーは一件後、信用していた弁護士ウォルター・キャネルに距離を置き、ポール側へ寄っています。頼れる存在は会社の腹心として支えたポール・ハンロンだけ……、わたしはこんな構図を狙った殺人計画にみえました。

(邪魔な社長を消して、後釜で犯人がトップになって思うがままにしたいんだけですが……)

以上、12話「アリバイのダイヤル」でした。