男性犯人

古畑任三郎

古畑任三郎 40話『今、蘇る死』シリーズ屈指の知能犯

【VS.????】「明けましておめでとうございます。ご無沙汰をしております。さて、今夜の事件は類稀なる計画殺人です。私が出会った犯人の中でも最も巧妙に殺人を犯した男が登場です」 データ あらすじ+人物相関図 鬼切村の名家・堀部家は...
古畑任三郎

古畑任三郎 39話『すべて閣下のしわざ』あらすじと感想

【VS.日本特命全権大使】「お久しぶりです。早速ですが新春スペイン語講座を。Grasiasgは“ありがとう”、Adiosは“さようなら”、Un Conac,Por favorは“コニャックを一杯ください”。そして、Estas arresta...
古畑任三郎

古畑任三郎 37&38話『最後の事件・前編/後編』最も危険なゲーム

【VS.テロリスト】「皆さんの前に登場して早5年、これまでさまざまな犯人と出会ってきました。発作的にしろ計画的にしろ彼らには罪を犯すだけの理由がありました。今回登場する犯人はそう言った意味では最も危険なタイプの犯人と言えるかもしれません。す...
古畑任三郎

古畑任三郎 36話『雲の中の死』追いつめられて

【VS.西洋美術研究家】「こんなお便りが来てます。熊本県は阿蘇の河田さんですね。『古畑はよくプライベートで事件に遭遇するがあまりにもリアリティーが無い。いくらドラマの中の刑事とはいえ何でもありというのは如何なものか』…何でもありなんです ...
古畑任三郎

古畑任三郎 35話『完全すぎた殺人』頭でっかちの殺人

【VS.科学研究員】「ミステリの専門用語にアームチェア・ディティクティブという言葉があります。探偵が一歩も部屋の外に出ずに推理だけで事件を解決してしまう事。それでいくと今回は、アームチェア・マーダラー。一歩も犯行現場に踏み込むことなく完全犯...
古畑任三郎

古畑任三郎 33話『絶対音感殺人事件』あらすじと解説

【VS.指揮者】「子供の頃、何が怖かったかと言えば、薄暗い小学校の音楽室に飾ってあった作曲家の顔。あんな怖い物ありませんでした。バッハ、シューベルト、メンデルスゾーン、そしてベートーベン。中でも一番怖かったのは、ヘンデル。未だに音楽が苦手な...
古畑任三郎

古畑任三郎 32話『古い友人に会う』再会

【VS.小説家】「小学校の時のあだ名、覚えていますか?体がでかかった人、ジャンボって呼ばれていたでしょう?眼鏡をかけていた人、あだ名はハカセじゃなかったですか?髪の毛が縮れていた人、モジャリンコ。違いますか?ちなみに私のあだ名は…」 デー...
古畑任三郎

古畑任三郎 29話『忙しすぎる殺人者』その男、多忙につき

【VS.メディアプランナー】「テレビを見ながら食事をする人、いらっしゃいますよね。お風呂の中で雑誌を読む方、いらっしゃいますよね。ただ、私からのお願いです。人を殺す時くらいはどうか、殺人に集中してください」 データ あらすじ+人物相...
古畑任三郎

古畑任三郎 28話『若旦那の犯罪』あらすじと解説

【VS.落語家】「完全犯罪とかけて、日曜日にお父さんが作る晩ご飯と解く。その心は、必ず失敗します。お後がよろしい様で」 データ あらすじ+人物相関図 落語家・気楽家雅楽は、独演会で兄弟子・気楽家苦楽の新作落語を無断で披露するつもり...
古畑任三郎

古畑任三郎 最新作『一瞬の過ち』あの刑事が文章で復活

フジテレビで1994年~2006年まで続いた刑事ドラマ『古畑任三郎』が、朝日新聞のコラム『三谷幸喜のありふれた生活』で、短編小説として特別に復活をしました。 タイトルは「一瞬の過ち」。全4回にわたり連載され、「事件編」、「対決編」が2...