男性犯人

古畑任三郎

古畑任三郎 最新作『一瞬の過ち』あの刑事が文章で復活

フジテレビで1994年~2006年まで続いた刑事ドラマ『古畑任三郎』が、朝日新聞のコラム『三谷幸喜のありふれた生活』で、短編小説として特別に復活をしました。 タイトルは「一瞬の過ち」。全4回にわたり連載され、「事件編」、「対決編」が2...
古畑任三郎

古畑任三郎 27話『黒岩博士の恐怖』腹黒い白衣

【VS.監察医】「ご無沙汰しております。皆さんお元気でした?あ、そうですか。早速ですが皆さん、占い信じますか?私の場合どうしても今ひとつ信用出来ないんです。 私のことを典型的な乙女座のA型という人がいます。頭が切れる割に情に流されやす...
古畑任三郎

古畑任三郎 22話『間違えられた男』間違われた男

【VS.雑誌編集長】「何をやってもついてない日ってありますよね。しかし物は考えようで、一生の間に経験するツキっていうのは分量が決まっているって言います。つまり、大きい所でついている人は、その分細かい所でついてない。だから決して挫けないように...
古畑任三郎

古畑任三郎 21話『魔術師の選択』マジシャンズ・セレクト 

【VS.マジシャン】「全国の手品マニアの皆さん、マジックを見せるときは観客を選ばなくてはいけません。次の人々の前では決してやらないように。動物、子供、マジシャン。まず、動物は何が不思議なのか分かってくれません。子供はタネを見せろと必ず駄々を...
古畑任三郎

古畑任三郎 19話『VSクイズ王』密室トリック

【VS.学習塾共同経営者】「いきなりですがクイズを一つ。『人を見たら泥棒と思え』の反対の意味に当たる諺は何でしょうか。『渡る世間に鬼はなし』ですね。それでは、次の諺の逆の意味に当たる諺は何でしょうか?『ドングリの背競べ』。答えは12分3 秒...
古畑任三郎

古畑任三郎 17話『赤か、青か』観覧車に爆弾

【VS.電子工学部研究助手】「缶ジュースの自動販売機、どうしても欲しいものが2つあったとします。ホットコーヒーと烏龍茶、どっちを飲もうかって迷ってしまう時ってありますよね。そういう時はこうやって2つのボタンを同時に押す。すると無意識のうちに...
古畑任三郎

古畑任三郎 16話『ゲームの達人』ミステリーマニアの犯罪

【VS.医師】「名探偵。皆さん名探偵といえば誰を想像しますか?シャーロック・ホームズ、エルキュール・ポアロ、エラリー・クイーン。日本にも様々な探偵がいます。日本の名探偵に共通する特徴、何だかご存じですか?実はみんな名字は洒落てんですけど名前...
古畑任三郎

古畑任三郎 14話『しゃべりすぎた男』火花舞う法廷

【VS.弁護士】「御無沙汰しています。早速ですがこれは何に見えますか?コウモリ、潰れたカエル、セミの顔。人によって答えは様々です。そう、これがかの有名なロールシャッハテスト。ちなみに私の答えは『交尾している牛』です。 ...
古畑任三郎

古畑任三郎 12話『最後のあいさつ』古畑の上役が犯人

【VS.警視】「火事の時は119番。どうして最後が「9」なのかご存じですか。ダイヤル式の電話の場合、大きな数字の方がダイヤルが元に戻る時間が長い、それだけ心が落ち着くという事です。つまり、プッシュホンの時代にはほとんど意味ないんです」 デ...
古畑任三郎

古畑任三郎 10話『矛盾だらけの死体』意地悪回その1

【VS.議員秘書】「人の心を読むときは、相手の目を見て話して下さい。逆に、心を読まれたくない時は絶対に目を合わせないことです。鼻を見て話して下さい。相手の鼻です。自分の鼻じゃありません。言葉の裏を読むのがうまい人にありがちなのが…」 デー...