古畑任三郎 11話『さよなら、DJ』あらすじと解説

古畑任三郎 11話 さよなら、DJ

深夜ラジオの生放送中に起きる事件である。桃井かおり氏が演じるどこか気だるい雰囲気の犯人であるが、犯行計画のためにラジオ局内を全力疾走するのが見どころである。古畑の部下・今泉も全力疾走する羽目になるのが面白い。後に度々話がでる『赤い洗面器の男』が登場するのも今作だ。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:松田秀知

音楽:本間勇輔

本編時間:46分01秒

公開日:1994年6月22日

あらすじ

ラジオDJ・中浦たか子は、付き人・沢村えり子に恋人を奪われる。中浦は今週一杯で解雇を告げ、選別にと愛用している赤いセーターをプレゼントするが、これは用意周到に準備した殺人計画の一部であった。

ラジオの生放送中『サントワマミー』が流れる空き時間を利用して、中浦は局内の抜け道を疾走。駐車場で沢村えり子を撲殺した。前々から自分宛に殺害を予告する脅迫文を送りつけており、愛用していた赤いセーターを着ていた沢村が、間違われて殺されてしまったかのように見せかけたのだった。

人物紹介/キャスト

今回の犯人:中浦たか子
役者:桃井かおり

歌手でありラジオDJでもある女性。付き人・沢村えり子に恋人を奪われたため、生放送中『サントワマミー』が流れる3分程の空き時間に、ラジオ局内の抜け道を利用し駐車場まで疾走。復讐のために彼女を殺害した。

スタッフからは「おたかさん」と呼ばれている。気だるい雰囲気な彼女であるが、ラジオが始まると一転はつらつと喋りまくる。


今回の被害者:沢村エリ子
役者:八木小織(やぎ さおり)

中浦たか子の付き人である女性。たか子の交際相手を取った挙句、歌手である彼女のもとで、まだまだ唄の勉強がしたいなどと図々しい以外の何者でもない。

小ネタ・補足

〇中浦たか子が、沢田エリ子を殺害時に放った台詞、「痛い……?」は、犯人役・桃井かおりが三谷幸喜に許しを請いて言ったアドリブらしい¹⁾。(出典:古畑任三郎大辞典-269項より)

〇三谷幸喜脚本の映画『ラヂオの時間』の中で、今回の犯人・中浦たか子が登場²⁾している。

刑事コロンボからのオマージュ

ネタバレ注意

○自分宛てに脅迫状を送り、似た服装を付き人にさせることで間違われて殺されたように見せるトリックは、20話『野望の果て』から着想を得ていると思われる。

〇中浦たか子が犯行直後のため、レコードプレーヤーに針を落とそうとするが手が震えてしまい、構成作家・水野にその役目を譲るやりとりがある。刑事コロンボ19話『別れのワイン』でも、犯人が犯行直後だったために手が震え、ワインの移し替えを譲るやりとりがある。

〇古畑「人がね、いつもと違うことするっていうのは気になるんだよ」は、刑事コロンボ30話『ビデオテープの証言』にも似たようなセリフがある。

〇トリックに関しては、時間内に現場を行き来するという刑事コロンボ43話『秒読みの殺人』。事件解決方法に関しては、34話『仮面の男』を参考にしていると思われる。

まとめ

男性を奪われ、復讐のため犯行に及ぶ愛憎劇である。復讐ものの見せ場として最大の特徴は『復讐=目的』という点である。犯行の瞬間に犯人にとっての最大のドラマが完了してしまうのだ。しかし、本作品ではその後も見せ場が続く。犯人を演じた桃井かおり氏の気怠い感じ、独特の雰囲気が実に見事に物語にハマっているのだ。

エピソードの中盤に、犯人自らが「彼氏を奪われていた」という動機を語ったのが大きいかも知れない。自身は捕まらないという絶対的な自信を垣間見ることができるため、動機が復讐でありながらも、刑事との丁々発止の対決感も味わうことができる。反面、古畑の捜査が徐々に迫ってくるのを感じると、焦りからラジオに集中できなくなってくる緊張感も素晴らしい。

トリックの筋書きであるが、ラジオDJ・中浦たか子が脅迫されていて、彼女の赤いセーターを着ていた付き人・沢村えり子が間違われて殺されるという設定である。しかし中浦を狙っての犯行ならば、その時間はラジオの生放送をしているのだから間違えるはずがないという矛盾が浮かんだのだが、休憩時間に車に戻ってくる可能性と思い直した。

以上、『さよなら、DJ』でした。

引用・参考文献

1)古畑任三郎研究会編『古畑任三郎大辞典』フジテレビ出版、1996年、269項

2)三谷幸喜『ラヂオの時間』東宝、1997年

  1. お久しぶりです。(灰色の村にコメントした者です)
    昨日この話を見たのですが、手が震えていたから作家(?)さんに針を落とさせたのかはわかりましたがどうして手が震えていたのですか?

  2. achan様
    お久しぶりです!
    ≫手が震えていたから作家(?)さんに針を落とさせた
    ≫どうして手が震えていたのですか?
    「犯行直後だったため」だと考えています。犯行時は興奮状態にありました。その後は徐々に興奮が覚めてきて、殺人をしてしまったという実感、恐怖感(安堵感?)で手が震えてしまったのではないでしょうか? また、走ってきたために心拍数が挙がり、手の震えを抑える余裕もなかったのだと思います。

      番組内の『LP復活委員会』では、貴重なレコードを取り扱っていると語られています。手が震えた状態ではレコードを傷つける可能性があると思い、構成作家に針を落とす役目を譲りました。これの元ネタは、刑事コロンボ19話『別れのワイン』で、犯行直後であったために手が震えてしまい、貴重なワインを移しかえる役目を他者に譲ります。 

  3. 返信ありがとうございます。わかりやすい解説でモヤモヤがスッキリしました。三谷幸喜さんが刑事コロンボのオマージュとして作ったみたいな事を言ってたのを思い出しました。刑事コロンボ「別れのワイン」見てみたいと思います。あと、主役の田村正和さん亡くなってしまいましたね。

  4. ≫刑事コロンボのオマージュとして作ったみたい
     わたしは「古畑任三郎」から「刑事コロンボ」に入ったのですが、オマージュした点がとても多くありました。また、古畑にはないコロンボの楽しさも堪能できますよ!

    ≫主役の田村正和さん亡くなってしまいましたね。
     訃報を知り驚きました。最後までミステリアスな佇まいを崩さないスターでした。