男性犯人

実験刑事トトリ

実験刑事トトリ 第5話『二人の絆〜実験刑事が最後に見たもの』あらすじと感想

【VS.音響機器メーカー社長】実験刑事トトリ第1シーズンの最終回になります。犯人役には『竜雷太』氏を迎え、足を骨折したことを利用して、歩けないフリをすることで周囲を欺き続けた彼は、会社を乗っ取った腹心の部下を殺害します。 データ あ...
実験刑事トトリ

実験刑事トトリ 第4話『僕が傑作を書く時』あらすじと感想

【VS.漫画家】複雑な犯行計画に加え、先が見えない展開による隠された動機探しが魅力的なエピソードです。人間ドラマといいましょうか、徐々に分かってくる犯人の身勝手さと冷酷な行動に呆れ、最後には哀れにも見えてしまう悲しい結末が訪れる。そんなお話...
実験刑事トトリ

実験刑事トトリ 第3話『偽りのメロディー』あらすじと感想

【VS.ピアニスト】女性犯人が2回続きましたがここで男性犯人が初登場します。遊び相手だった女性に別れを告げ、本命と婚約することを伝えたら「人生をめちゃくちゃにしてやる!」と言われてしまうんですね。 これから先の輝かしい未来のために犯行を決...
古畑任三郎

古畑任三郎 最新作『一瞬の過ち』あの刑事が文章で復活

フジテレビで1994年~2006年まで続いた刑事ドラマ『古畑任三郎』が、朝日新聞のコラム『三谷幸喜のありふれた生活』で、短編小説として特別に復活をしました。 タイトルは「一瞬の過ち」。全4回にわたり連載され、「事件編」、「対決編」が2回、...
古畑任三郎

古畑任三郎 41話『フェアな殺人者』イチローが犯人回

【VS.野球選手】「今回の犯人は、常にフェアプレイを好むスポーツマンです。人を殺したという以外は、実に公明正大な人物です。 そして、アメリカ大リーグで活躍する、ある日本人野球選手と全く同じ名前で、顔もそっくりです。しかし、別人です。お間違え...
古畑任三郎

古畑任三郎 40話『今、甦る死』シリーズ屈指の知能犯

【VS.????】「明けましておめでとうございます。ご無沙汰をしております。さて、今夜の事件は類稀なる計画殺人です。私が出会った犯人の中でも最も巧妙に殺人を犯した男が登場です」 データ あらすじ+人物相関図 鬼切村の名家・堀部家は...
古畑任三郎

古畑任三郎 39話『すべて閣下のしわざ』あらすじと感想

【VS.日本特命全権大使】「お久しぶりです。早速ですが新春スペイン語講座を。Grasiasgは“ありがとう”、Adiosは“さようなら”、Un Conac,Por favorは“コニャックを一杯ください”。そして、Estas arresta...
古畑任三郎

古畑任三郎 37&38話『最後の事件・前編/後編』最も危険なゲーム

【VS.テロリスト】「皆さんの前に登場して早5年、これまでさまざまな犯人と出会ってきました。発作的にしろ計画的にしろ彼らには罪を犯すだけの理由がありました。今回登場する犯人はそう言った意味では最も危険なタイプの犯人と言えるかもしれません。す...
古畑任三郎

古畑任三郎 36話『雲の中の死』追いつめられて

【VS.西洋美術研究家】「こんなお便りが来てます。熊本県は阿蘇の河田さんですね。『古畑はよくプライベートで事件に遭遇するがあまりにもリアリティーが無い。いくらドラマの中の刑事とはいえ何でもありというのは如何なものか』…何でもありなんです ...
古畑任三郎

古畑任三郎 35話『完全すぎた殺人』頭でっかちの殺人

【VS.科学研究員】「ミステリの専門用語にアームチェア・ディティクティブという言葉があります。探偵が一歩も部屋の外に出ずに推理だけで事件を解決してしまう事。それでいくと今回は、アームチェア・マーダラー。一歩も犯行現場に踏み込むことなく完全犯...