刑事コロンボ 13話『ロンドンの傘』イギリスが舞台の証拠品争奪戦

【VS.舞台俳優の夫婦】初の海外撮影!舞台はイギリスのロンドンです。コロンボ警部はロンドン市警の視察ということでイギリスに訪れることになりました。コロンボ警部のカメラ片手にはしゃぐ姿はとってもチャーミングです。

さて、犯人は夫婦の舞台俳優です。名誉ある『マクベス』の主演を務めることになったのですが、それにはちょっとしたワケがあり……。 真相に気づいた大物プロデューサーともみ合いになり、その最中に過失致死で殺害してしまうのです。

4話『指輪の爪あと』69話『殺意のナイトクラブ』そして、『ロンドンの傘』という数少ない過失致死から進むエピソード。コロンボと犯人が”証拠物品”をめぐり、壮大な争奪戦が開幕です。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本・ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

原案:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

監督:リチャード・クワイン

制作::ディーン・ハーグローグ

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:98分

公開日:アメリカ/1972年11月26日 日本/1974年4月20日

あらすじ+人物相関図

ロンドンの傘落ち目の俳優夫婦ニコラス・フレイムとリリアン・スタンホープは、名誉あるロイヤル・コート・シアターで公演する『マクベス』のリハーサルを行っていた。大物演劇プロデューサーであるサー・ロジャー・ハビシャムを、リリアンは色仕掛けで口説き落とし、彼をスポンサーに上演することができたのだ。

しかし、公演前夜にロジャーが楽屋に怒鳴り込んできた。2人が共謀して、自分を利用していたことを知り、舞台の中止を宣言したのだ。ニコラスは楽屋から出ていく彼を止めようと揉み合いになると、リリアンが思わず投げた化粧クリームの瓶が、ロジャーの後頭部に当たり殺してしまった。

ここで事件が発覚してしまえば、明日のマクベスは公演中止となってしまう。せっかく掴んだチャンスをここで手放してしまうわけにはいかない。ロジャーの遺体を彼の屋敷まで車で運びだすと、階段からの転落死に偽装したのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

ニコラス・フレイム

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「ロンドンの傘」より引用】

今回の犯人:ニコラス・フレイムリチャード・ベイスハート

吹き替え声優:高橋昌也(たかはし まさや)

追加吹き替え声優:稲葉実(いなば みのる)

職業:舞台俳優

殺害方法:絞殺(ロープ:執事タナー)

動機:殺人の罪を擦り付けるため

概要:詳しく見る
イギリスの舞台俳優である男性。妻リリアン・スターホープと共に、長年日の目を浴びない下積み時代を歩んでおり、大物プロデューサーであるサー・ロジャー・ハビジャムに、妻をけしかける色仕掛け考案。名誉ある『マクベス』の主役を獲得した。ロジャーから真相を掴まれ、公演中止を宣言されると揉み合いの末、妻がロジャーを誤って殺してしまう。屋敷の階段から転落死したように偽装するが、ロジャーの執事タナーから犯行を見抜かれる。タナーをも殺害すると全ての罪を擦り付けた。

長年の下積みの成果か? マクベスの舞台は大成功をおさめ、イギリスの各新聞紙では夫婦の評価を称える記事が一面を飾った。舞台には並々ならぬプライドがあり、妻からマクベスの芝居をする前は、アガサ・クリスティーの芝居に出るように言われたが、「あんな田舎芝居にわたしが出ると思っているのか!」と拒否している。

コロンボがロジャーの死は階段からの転落死ではないことを突き止めると作戦を変更。自分が貸していた、『ヘンリー・アーヴィングのメモ入り”マクベス”』がロジャーの自宅から無くなっており、強盗犯から盗まれたのではないかとでっちあげた。価値は2~3万ポンドとのことで、おそらく所有はしていないだろう。(1972年11月1ポンド=707円 2~3万ポンド=1414万~2121万円)

ヘンリー・アーヴィング」は18世紀イギリス人の俳優。イギリス人なら知らぬ者はいない伝説的な人物であるが、ニコラスに言わせるとAクラスの俳優らしい。(SS→S→Aクラス?→B.C.D???)

会話がセリフ口調になることがある。最後にコロンボに証拠を突き付けられた際には、精神錯乱しマクベスのセリフを語りだした。彼は舞台台役者ではあるが、精神的には弱かったようである。警察車両に乗り込む際には冷静に歩いており、一時的な精神錯乱は解消したように見える。


リリアン・スタンホープ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「ロンドンの傘」より引用】

今回の犯人:リリアン・スタンホープオナー・ブラックマン

吹き替え声優:岸田今日子(きしだ きょうこ)

追加吹き替え声優:滝沢久美子(たきざわ くみこ)

職業:舞台俳優

殺害方法:撲殺(化粧瓶:サー・ロジャー・ハビシャム)

動機:過失致死

概要:詳しく見る
イギリスの舞台俳優である女性。夫ニコラス・フレイムの考案で、大物演劇プロデューサーであるサー・ロジャー・ハビシャムを色仕掛けで口説き落とし、名誉ある「ロイヤル・シアター劇場」で『マクベス』の上演にこぎつけたが、ロジャーが騙されていることに気が付くと公演中止を宣言された。

夫が揉み合いになる姿を見ると取り乱し、思わず投げてしまった化粧瓶が彼の後頭部に当たり絶命させてしまう。ロジャーのことは「ひひ(嫌な)ジジ(イ)だったわ」と語っている。

夫ニコラスとの夫婦関係は良好であるが、喧嘩するほど仲が良いというか、夫が他の女性と会話をするなどすると嫉妬し言い合いになることもある。コロンボとの決着で精神錯乱した夫を庇うかのように罪を自白し逮捕された。


サー・ロジャー・ハビシャム

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「ロンドンの傘」より引用】

今回の被害者:サー・ロジャー・ハビシャムジョン・ウィリアムズ

吹き替え声優:辻本真人(つじむら まひと)

職業:演劇プロデューサー

概要:詳しく見る
イギリスの大物プロデューサーである男性。長年名プロデューサーと言われてきており、ダーク刑事部長によると家内の5親等らしい。リリアンの色仕掛けにまんまと引っかかり、ロイヤル・コート・シアターでの『マクベス』上演のための資金をだしてしまう。

その後、利用されていることに気が付くと、公演を中止させ自らの権力を駆使して2度と舞台俳優をできなくさせようともした。死後は功績が称えられ彼を模した蝋人形が展示されることになった。

長年仕えてきた執事のタナーによると、夜分はココアを好む。老眼であり本を読む時は胸ポケットに老眼鏡をしまうと話している。本の収集家でもあり自宅にはレアな本が並んでいる。犯人が事故に偽装したのに利用した本は「不思議な国のアリス:初版本」である。


タナー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「ロンドンの傘」より引用】

今回の被害者:タナーウィルフリッド・ハイド=ホワイト

吹き替え声優:松村彦次郎(まつむら ひこじろう)

職業:執事

概要:詳しく見る
サー・ロジャー・ハビシャムに従事する執事の男性。長年ロジャーに仕えてきただけあり、彼の行動や服装、道具類の所在地に関して鮮明に記憶していた。執事だけあり、誰に対しても礼儀正しく接している。主人に関すること(車は必ず屋根まで掃除するようになど)は、事細かに指示をしており、一部使用人からはうるさがられていたようだ。

ただし忠誠心は金銭よりも低い様子であり、ロジャー殺しの真相に気が付くと、コロンボに嘘の証言をして犯人夫妻を庇う。これをネタに犯人夫妻から金銭を搾取しようとしたが、これがきっかけとなりニコラスに殺害されることになってしまう。

犯人夫妻には忠実に仕えるとの話であったのだが、あっさりと元の主人を切り捨てたあたり地獄の沙汰も金次第。もし金銭が尽きてしまえば彼はどういった行動に出たのであろうか?

犯行計画

【楽屋で殺害してしまった遺体を屋敷に運び出し、階段からの転落死に偽装

①楽屋でサー・ロジャー・ハビシャムを死亡させてしまう。遺体を衣装ケースに隠すと、彼の屋敷まで車で移動する。書斎の本を広げ、遺体は階段の下に転がしておく。飲み物を取りに階段を下りる途中で、足を滑らせて事故死したように見せかけた。

②コロンボ警部の推理により遺体は司法解剖されることになる。結果、階段からの転落死ではないこと報告が上がった。犯人夫妻は被害者に、『ヘンリー・ヴィングのメモ入り”マクベス”』を貸していたとでっちあげる。もちろん自宅を調べるも見当たらない。強盗が押し入り、彼を殺害した後に持ち出したのではないかと捜査をかく乱させた。

③被害者の功績を称えて蝋人形が展示されることになった。持ち物として、愛用していた傘が持たされることになったのだが、被害者が楽屋に持ってきていた傘を、舞台の楽屋番フェンウィックが間違って持っていったと気が付く。

④ニコラスは酒場で傘を盗み出すと、蝋人形館に展示されているサー・ロジャー・ハビシャムの傘と取り換えた。その後、執事タナ―は、ロジャー殺しの真相を知り犯人夫妻を脅す。夫婦は彼を殺害しすると、ロジャー殺人の罪を擦り付けた。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
〇被害者の部屋にあった『不思議の国のアリス:初版本』が背が上になるようにふせて置いてあった。高価な蔵書であり、愛書家は本が傷むような置き方はしないはずだ。

〇被害者は何のために下の階に降りたのか。書斎には呼び鈴があり、飲み物を取りに行くのなら執事をすぐに呼べたはずである。

〇部屋着ではなく外出用のスーツを着て読書していた。読書するにしては窮屈ではないか。

〇被害者は老眼で、読書するときには胸ポケットに老眼鏡をしまっていた。階段から転落したのならば眼鏡は壊れてしまうが、老眼鏡は破損していなかった。

〇被害者の車には雨染みがあった。自宅周辺には雨は降っておらず、犯行時刻に雨が降っていたのは演劇ホールのあるロンドン市内だけである。

〇フレイム夫妻から聞き取りを行うと、同じ質問に対して2人はまったく。ちぐはぐなところがなく、不自然なほど話が合っている。

〇楽屋番フェンイックの傘が盗まれた。その時酒場にいたのがニコラス・フレイムであった。

三幕構成

ロンドンの傘 三幕構成

小ネタ・補足

〇マクベスを上演する『ロイヤル・コート・シアター』は、イギリスのロンドンにある劇場である。1888年に開業した由緒ある歴史があり、演劇のメッカとされている。

〇コロンボ役のピーター・フォークが気に入らないエピソードの1つとのこと。テレビのインタビューで嫌悪感を語ったようである。

「コロンボがイギリスに出張するなどいかにもテレビ局の考えそうなことだ」
「テレビ局は日本でも撮影したがっていた。わたしには到底理解できない」
『レインコートの中のすべて』P.142より引用

〇ノベライズ版刑事コロンボ『消える女(だまされたコロンボ)』の、P.52~に、犯人夫妻がその後どうなったのかが記載されている。ロンドンの傘から15年後、コロンボはダーク部長と再会する。夫婦は3年前に出所し、リリアンだけは小さな劇団をつくり演劇を続けているとのことであった。

〇犯人ニコラス・フレイムが逮捕を確信した瞬間。精神錯乱して喋り出したセリフは、『マクベス:第5幕第5場』で、マクベスが妻の死を知る山場ともいえるシーンである。マクベスは夫婦の愛がテーマであり、同様にこの夫婦も最後までお互いを裏切らなかった。最後まで言い終えると、再び冒頭に戻り台詞をくり返した。ちなみに、台詞は後3行程残されている。

「明日が来、あすが去り、そしてまたあすが、こうして一日一日と小きざみに、時の階(きざはし)を滑り落ちて行く、この世の終わりに辿り着くまで。いつも、きのうという日が、愚か者の塵にまみれて死ぬ道筋を照らしてきたのだ。

消えろ、消えろ、つかの間の燈し火! 人の生涯は動き回る陰にすぎぬ。あわれな役者だ、ほんの自分の出番のときだけ、舞台の上で、みえを切ったり、喚いたり、そしてとどのつまりは消えてなくなる」新潮文庫『マクベス』P.125より引用

まとめ

刑事コロンボの初海外ロケなんですね。イギリスを象徴するビッグベンで、コロンボ警部とダーク刑事部長が会話するシーンがあるんですが、コロンボはビッグベンと自分の腕時計を見ながら、「古いのに1分しか遅れてない。たいしたもんだ」と呟くシーンがあるのです。

最初は何とも思わなかったのですが、後半のエピソードを見ていると、まぁーコロンボの時計が狂ったり遅れていること。実際にはビッグベンの時刻が正確で、この時もコロンボ警部の時計が狂っていたのではないかと今にして考えてしまいます。

でも、同行しているダークさんは何にも言わなかったからコロンボ警部の方が正しいのかも知れません。コロンボ警部の顔を立てたのでしょうか?

ミステリーとしては、転落死を疑うきっかけが丁寧に描かれております。コロンボが疑いを掛ける手数も多いです。それにしても、わざわざ被害者の屋敷での転落死に偽装するのではなく、川とかにでも遺体を遺棄すれば逮捕されなかったのかも知れませんね。

以上、刑事コロンボ13話「ロンドンの傘」でした。

  1. はじめまして!楽しくブログを見させてもらってます。
    小説版だと、リリアンのその後がわかるんですね。あと、ニコラスの最後のセリフがよく聞こえなかったんですが、マクベスのセリフだったんですね!画像の「ここまで、ここを過ぎず」は笑いましたwww

  2. 警部さん≫
    コメントありがとうございます。ブログの閲覧ありがとうございました!
    小説版は原作には描かれなかった部分や、犯人の心理描写が見ることができて一味違った面白さがあります。「ここまで、ここを過ぎず」は大好きなセリフです(笑)