古畑任三郎 8話『殺人特急』振り返れば奴がいる

古畑任三郎 8話 殺人特急

新幹線の車両内だけで完結する事件である。列車という逃げ場のない密室であり、なんといっても、鹿賀丈史氏が演じるどこか憎めない犯人と古畑とのやりとりが魅力的である。

天真楼病院の外科部長・中川淳一が犯人であり三谷幸喜ファンならばご存知の『振り返れば奴がいる』で登場する人物がスピンオフ出演するのが嬉しい作品なのだと思う。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:松田秀知

音楽:本間勇輔

本編時間:46分07秒

公開日:1994年6月1日

あらすじ

天真楼病院の外科部長・中川淳一は、不倫現場を妻から依頼を受けた興信所所長・宍戸隆に撮られてしまう。妻の父親は病院を経営しており財産は彼女の名義で管理されているため、離婚をすることになれば現在の地位と財産をも失ってしまうのだ。

宍戸を買収しようとするが意思は固く断られてしまったため、睡眠薬を飲ませ8号車で眠っている宍戸の隣の席に座ると、フィルムが入っているコートを回収し、心臓麻痺に見せかけるためのカリウムを注射して殺害したのだった。

人物紹介(キャスト)

今回の犯人:中川淳一
役者:鹿賀丈史(かが たけし)

7号グリーン車両に座った医師の男性。天真楼病院では外科部長を務め、妻の父親は病院を経営している。宍戸隆に愛人との不倫現場を撮られてしまい、このことが妻に伝わると離婚することになる。財産は妻名義であり、離婚により現在の地位と資産を失うことを恐れ犯行に及んだ。


今回の被害者:宍戸隆(ししど たかし)
役者:河原さぶ

8号車両指定席に座った興信所所長の男性。中川純一の妻から依頼を受け不倫調査を行い、見事に倫現場を写真におさめた。中川純一は写真フィルムを、調査金の倍で買い取ろうと持ちかけたが断っている。「依頼人裏切ったら終わりなんだよ。この世界」と素晴らしい職業人である。

小ネタ・補足・元ネタ

〇中川淳一は、三谷幸喜が脚本を務めた『振り返れば奴がいる』に登場する人物である。天真楼病院で外科医師をしており、古畑任三郎へのスピンオフ出演となっている。

〇時系列的には、第5話『汚れた王将』で帰宅するために乗った列車での事件である。

刑事コロンボからのオマージュ

ネタバレ注意

〇目撃者に犯人の顔を確認してもらうが、思っていた人と違う人物を目撃していた流れは、10話『黒のエチュード』からである。

〇決め手に関しては、刑事コロンボ31話『5時30分の目撃者』を参考にしていると思われる。

考察を終えたポイント

〇スタミナ酢豚弁当はどこの駅で買ったのか?事件発生と解決区間はどこかなど『台本』を入手したことで不明だった部分が判明しました。番外編としてお楽しみいただければ幸いです。

まとめ

計画はまさに大胆不敵。医者ならではの道具を用い、列車内という不特定多数の乗客がいる中での強行である。列車内といういわば密室。逃げ場のない空間において、徐々に古畑から追い詰めていく犯人だが、「白状しますよ。殺したのは僕です」と余裕をみせる丁々発止のやりとりは見事である。

鹿賀丈史氏の演技というものが実に素晴らしく、裏表の感情を見事に演じ切っている。三谷幸喜氏の脚本『振り返れば奴がいる』の登場人物「中川淳一」が犯人として登場するのはファンにとって嬉しいエピソードになっていると思われるが、私は原作未視聴であるためいずれ見なければと思っている。

三谷幸喜氏ならではの遊び心なのだろうか 、『振り返れば奴がいる』のタイトルになぞらえた見事な落とし方は必見である。また、どこで犯人だと気が付いたのかというやりとりは、テレビ的で見事な演出でもあった。

以上、『殺人特急』でした。

引用・参考文献

●古畑任三郎『殺人特急』台本

  1. これは気づきというか余計なツッコミなんですが
    犯行再現実験の時、中川は2度も後ろ向きのまま客室に入り古畑の隣に座りました。これはその後ろの席にヤクザが座っていると思っての行動というのは理解できます。つまり、その前に実験(おばちゃんの目撃証言)のためにビュッフェ往復する時にヤクザがいる横を通ってきたということですよね。個人的にはそのシーンが見たかった。どんな顔して通り過ぎたのか(笑)

  2. 花畑様
    再び楽しいご考察ありがとうございます!

    11号車:今泉慎太郎(自由席)
    10号車:ビッフェB(売店)
    09号車:ビッフェA(食堂)
    08号車:犯行現場(グリーン車)
    07号車:犯人と古畑任三郎

     車両編成的には、花畑様のツッコミの通り、犯人はどうしても犯行現場を通らなけらばならず、やはり相当緊張しながら進んで行ったんだろうなと思いました。
     古畑警部補の影に隠れながら移動していく姿が思い浮かびます(笑)。誘いを断るのもなんだし、これほど気のいいお医者さんはおりませんね♪ せっかくなので車内図も作ってみたいと思います!

  3. 管理人さん、返答ありがとうございます。
    初見で序盤にでたヤクザを覚えていた視聴者がどれだけいたか…ちょっと時間開き過ぎ?と感じたので
    実験前にヤクザがいることをおさらいする意味でも前述のシーンを設けても良かったのでは、と思いました。
    もう一つ、入れ替わっていた婆さん見て中川が呆然としてるところにヤクザがきて
    「刑事さん、もう席に戻っていいかい?あ、倒れた男の隣にいたのコイツだよ」みたいなダメ押し展開なら
    私的には120点でしたね(笑)

  4. ≫序盤にでたヤクザを覚えていた視聴者
     忘れたか忘れないかぐらいの伏線がいいですよね。
    脚本の三幕構成的には、『中間点』でもう一度登場しており、タイミング的には視聴者への配慮がなされているのかなと思っています。11号車のおばあちゃんの登場は、見返して「あーこの人か!」となりました(笑)

    ≫中川が呆然としてるところに
     二度刺される感じで面白いかも知れませんね(笑)

  5. >>忘れたか忘れないかの伏線
    あの程度のエピソード(面通しの失敗とオチ)入ったくらいで伏線(ヤクザの存在)吹っ飛んでしまうような
    レベルの自分に話をあわせていただいて、管理人さんホント恐縮です