古畑任三郎

【古畑任三郎】第3シリーズ5話が再放送されない理由【徹底解説】

ゲストスターに津川雅彦を迎えた古畑任三郎 第3シリーズ5話『再会(古い友人に会う)』は、1995年5月11日にフジテレビ系列で放送されたエピソードです。脚本は、同シリーズを担当する三谷幸喜が書きあげており、このエピソードで異例とも言えるのが...
名探偵モンク

名探偵モンク シーズン1-12話『完全犯罪へのカウントダウン』あらすじと感想

原題『mr.MONK and the AIRPLANE』(モンクと飛行機)というタイトルになります。Huluなどでは、『完全犯罪への秒読み』の呼び方です。時間制限にくわえ飛行機が一体どのように事件に関係してくるのでしょうか? シーズン1の最...
名探偵モンク

名探偵モンク シーズン1-10話『大地震のち殺人』あらすじと感想

原題『mr.MONK and the EARTHQUAKE』(モンクと地震)というタイトルです。タイトル通り、作中でマグニチュード6の地震が発生するのですが、一体どのように地震と事件が絡んでくるのでしょう。そして、モンクは地震の影響でどうな...
名探偵モンク

名探偵モンク シーズン1-8話『完全アリバイを崩せ』あらすじと感想

原題『mr.MONK and the MARATHON MAN』(モンクとマラソンマン)というタイトルで、DVDでは『完全アリバイを崩せ』ですが、Huluなどでは『鉄壁のアリバイ』ともなっています。いったいマラソンマンにどのようなアリバイが...
映画

映画『GUILTY CONSCIENCE(ギルティ・コンサイエンス)』あらすじと感想

『GUILTY CONSCIENCE(ギルティ・コンサイエンス)』は、1985年に公開された映画になります。脚本を担当しているのは、刑事コロンボの原作者コンビでもある「リチャード・レビンソン&ウィリアム・リンク」です。ジャンルとしてはサスペ...
刑事コロンボ

刑事コロンボの全69作品レビュー本『刑事の記録』紹介と感想

今回紹介するレビュー本は、2024年1月14日にありました『文学フリマ京都8』で出品された本になります。映画ライターのさとこ・ゴリラさんが手掛けた本で、刑事コロンボ(全69作品)の感想が書かれています。この度、通信販売(BOOTH!)で購入...
名探偵モンク

名探偵モンク シーズン1-2話『第一発見者は超能力者』あらすじと感想

原題『mr.MONK and the PSYCHIC』(モンクと超能力)というタイトルです。私の視聴媒体はDVDになりまして、Huluなどでは『モンク VS 超能力』というタイトルになっています。名探偵モンクにおける初の倒叙回で、いきなり前...
刑事コロンボ

刑事コロンボのレインコートについての進展

以前、刑事コロンボのレインコートの『ブランドについて考察記事』を書きました。この記事内で、レインコートに表記されていた文字から、製造ブランドは『Postade Majorca』ではないかと考えましたが、その後のコメント欄で『通りすがりの眠り...
古畑任三郎

古畑任三郎の疑問『汚れた王将』なぜ将棋の町に訪れたかについての妄想

古畑任三郎シーズン1の7話『汚れた王将』は、将棋の町が舞台とされる旅館で古畑任三郎と今泉慎太郎が宿泊中に起きた事件である。警視庁の古畑たちが、なぜ『将棋の町』で宿泊したのだろう? 本稿の目的は、我々視聴者がより妄想をしていく道標になることを...
映画

テレビ映画『殺しの演出者』前から視聴したかった作品(ビデオ邦題:謎の完全殺人)あらすじと感想

今回紹介する作品は、ビデオ邦題『謎の完全殺人』です。脚本家は刑事コロンボの原作者『R・レヴィンソン&W・リンク』で、「ミステリドラマ3部作」の1作目にあたる記念すべき作品でもあるんですね。VHSを探し購入するまでに3年かかりました。 サスペ...
タイトルとURLをコピーしました