古畑任三郎

古畑任三郎 第3シリーズ6話(#33)『絶対音感殺人事件』あらすじと解説

『絶対音感殺人事件』なんて1度聞いたら忘れられない、声に出して読みたい、非常にキャッチーなタイトルです。「絶対音感を持つ指揮者が殺人を起こす」というプロットのアイディアは前々からあったようで、#24『しばしの別れ』や#29『忙しすぎる殺人者...
古畑任三郎

古畑任三郎 第3シリーズ5話(#32)『古い友人に会う(再会)』感想とあらすじ

安斎亨が誰かを殺そうとしているが、一体どのような方法で実行しようとするのか伏せられた状態で進みます。倒叙形式の構成上『冒頭で犯行が起き事件が解決される』という、視聴者の先入観を逆手にとった演出なんですね。 データ 脚本:三谷幸喜 監督:関口...
古畑任三郎

古畑任三郎 第3シリーズ4話(#31)『アリバイの死角(古畑、歯医者へ行く)』感想とあらすじ

トリックと推理パートが惜しいエピソードです。歯科医師による事件なのですが、アリバイ作りのため、古畑任三郎の治療を助手と入れ替わらせるのです。さすがに、「痛かったら手を挙げてくださーい」「終わったので水でうがいをお願いします」ぐらいの会話があ...
古畑任三郎

古畑任三郎 第3シリーズ3話(#30)『古畑、風邪をひく(灰色の村)』感想とあらすじ

村ぐるみでの事件の隠蔽です。ただ1人の被害者と接触した『今泉慎太郎』ですが、村人全員がそんな人物(被害者)は知らないと口を揃えて証言します。 果たして被害者である女性は存在したのか。もしかしたら存在しなかったのでは……。それでは自分が会った...
刑事コロンボ

刑事コロンボ Twitter民の選ぶ【ベスト10】

2020年10月24日から26日の2日間でしたが、『刑事コロンボの帰還』発売を記念して、小説家『山口雅也』先生と『風狂奇談倶楽部』様による、「#ツイッター民の選ぶのコロンボ・ベスト10」と題したランキング投票が行われました。 (↓現在はツイ...
古畑任三郎

古畑任三郎 第3シリーズ2話(#29)『忙しすぎる殺人者(その男、多忙につき)』感想とあらすじ

多忙を極める犯人役を演じる「真田広之」氏のスタイリッシュな演技を堪能できるエピソードです。携帯で仕事の打ち合わせをしながら躊躇せずにサイレンサー銃で始末する場面は恐ろしい。 冒頭で不倫会見に臨む被害者がスペイン語で弁明するシーンがあるのです...
古畑任三郎

古畑任三郎 第3シリーズ1話(#28)『若旦那の犯罪』落語が舞台の殺人事件

第3シーズンの開幕エピソードで、新キャラ・西園寺くんが正式加入しました。第2シーズンで登場する芳賀刑事のように丁度良い塩梅のシーン数ではなく、古畑警部補に代わりガッツリと事件の解説を行うことも多くあり、今泉くん出番が徐々に減ってきてしまうな...
古畑任三郎

古畑任三郎 第4回スペシャル(#27)『黒岩博士の恐怖』腹黒い白衣

遺体の肛門におみくじが入っているという猟奇的な事件が発生します。一体何の目的としてそのようなことをしたのか、動機が一部伏せられた状態で進んでいくのです。 当初は「志村けん」氏を犯人役として想定していたようですが、志村さんが演じる黒岩博士も見...
古畑任三郎

古畑任三郎 第3回スペシャル(#26)『古畑任三郎 vs SMAP』友情、努力、敗北

アイドルグループ『SMAP』をゲストスターに迎えたエピソードです。役名もそのまま犯人として起用しており、最後に『この事件は創作です。古畑任三郎は架空の刑事であり、SMAPは架空のSMAPです』と配慮した注意書きが表示されます。また、フィクシ...
古畑任三郎

古畑任三郎 総集編(#25)『消えた古畑任三郎』ネタバレ満載のまとめ集

各エピソードの名場面(かなりのネタバレを含む)と共に振り返る構成になっています。次回作まで1999年1月3日に放送される『古畑任三郎  VS SMAP』で、これ以後3年間の休載に入ります。本作品はこれまでの記念碑的な総集編となっているのです...
タイトルとURLをコピーしました