倒叙形式

古畑任三郎

古畑任三郎 第2シリーズ9話(#22)『間違えられた男』あらすじと感想

落差が見事なエピソードだ。「雪山の山荘」+「糸による密室」と、本格ミステリーを思わせる舞台設定で第1の殺人を完了する。一体どうやって密室トリックに古畑任三郎は挑むのかと思いきや、犯人が帰宅する途中で、車がパンクしてからは急転直下でギャグパー...
古畑任三郎

古畑任三郎 第2シリーズ7話(#20)『動機の鑑定』古畑、唯一の推理ミス

骨董の世界で繰り広げられる事件である。澤村藤十郎氏が演じる物腰が柔らかそうながらも腹黒い骨董商の犯人が見事である。また、角野卓造氏が演じる美術館館長のやりとり(この、その、あのだよ!の三段活用)はユーモラスである。夢路いとし師匠が演じる骨董...
古畑任三郎

古畑任三郎 第2シーズン4話(#17)『赤か、青か』観覧車に爆弾

遊園地を舞台に繰り広げられる爆弾魔との緊迫なサスペンスな展開が魅力的です。ゲストに木村拓哉氏を迎えた本作は、タイムリミットが設定されています。今泉が乗った観覧車に時限爆弾が設置されているからです。殺人事件は発生しているものの、それ自体に重点...
古畑任三郎

古畑任三郎 第2シリーズ3話(#16)『ゲームの達人』ミステリーマニアの犯罪

ミステリーマニアによる犯罪です。推理小説のような凝ったトリックが見どころであり、犯人・乾研一郎を演じる草刈正雄氏&古畑を演じる田村正和氏による二枚目コンビの対決も洋館を舞台に非常に画になりました。 データ 脚本:三谷幸喜 監督:関口静夫 制...
古畑任三郎

古畑任三郎 第2シリーズ2話(#15)『笑わない女』がんじがらめの殺人

宗教が母体となっている学園内で起きる事件です。犯人・宇佐美ヨリエは学園内にある厳しい戒律を遵守する人物として描かれており、この幾つもある戒律を破らないようにしながら計画を進めていきます。最もサイコパスな動機の犯人でもあるのです。 データ 脚...
古畑任三郎

古畑任三郎 第2シリーズ1話(#14)『しゃべりすぎた男』火花舞う法廷

法廷を舞台に緊迫した物語が展開する見事なエピソードです。放送時間も通常より長く、第2シーズン再開を彩るゲスト・明石家さんま氏を犯人役に迎え、最も古畑任三郎を手こずらせ事件解決までに時間が掛かった名犯人が登場する作品になっています。 データ ...
古畑任三郎

古畑任三郎 第1回スペシャル(13話)『笑うカンガルー』初スペシャルの海外ロケ

スペシャルに相応しい入り組んだストーリー構成になっています。初の海外ロケなのですが、事件現場となるホテル内だけで会話が進むなど、オーストラリアの広大な景色を全く使用していないのが面白いです。ロケ地は『シェラトン グランド ミラージュ リゾー...
古畑任三郎

古畑任三郎 第1シリーズ最終回(12話)『最後のあいさつ』古畑の上役が犯人

シーズン1の最終作品です。古畑の上役が犯人として登場するなど、相手にとって不足なしな展開になっています。犯人役には菅原文太氏を迎え、拳銃を片手に突入する昔ながらの刑事と、拳銃を持たない頭脳主義な古畑という対比が面白いです。 データ 脚本:三...
古畑任三郎

古畑任三郎 第1シリーズ11話『さよなら、DJ』あらすじと解説

深夜ラジオの生放送中に起きる事件です。桃井かおり氏が演じるどこか気だるい雰囲気の犯人なのですが、犯行計画のためにラジオ局内を全力疾走するのが見どころです。古畑の部下・今泉も全力疾走する羽目になるのが面白かったです。後に度々話がでる『赤い洗面...
古畑任三郎

古畑任三郎 第1シリーズ10話『矛盾だらけの死体』あらすじと感想

コメディアン・小堺 一機氏が慌てふためくエピソードです。小堺さんが役者として出演する作品を見るのは初めてでしたが、作品の傾向上、まるでコントを見ているかのような印象を受けました。疑心暗鬼に陥ってしまう犯人像が見事に描かれる面白さがあります。...
タイトルとURLをコピーしました