古畑任三郎

古畑任三郎 最新作『一瞬の過ち』あの刑事が文章で帰ってきた

フジテレビで1994年~2006年まで続いた刑事ドラマ『古畑任三郎』が、朝日新聞のコラム『三谷幸喜のありふれた生活』で、短編小説として特別に復活をしました。 タイトルは「一瞬の過ち」。全4回にわたり連載され、「事件編」、「対決編」が2...
未分類

ブログ更新が低迷します。

平素よりお世話になっております。 10月頃まで勉強のため、新しい記事更新はお休みします。 次回の更新は10月末頃で、古畑任三郎 第3シリーズ1話『若旦那の犯罪』です。 また、お会いできれば幸いです。
古畑任三郎

古畑任三郎 27話『黒岩博士の恐怖』腹黒い白衣

【VS.監察医】「ご無沙汰しております。皆さんお元気でした?あ、そうですか。早速ですが皆さん、占い信じますか?私の場合どうしても今ひとつ信用出来ないんです。 私のことを典型的な乙女座のA型という人がいます。頭が切れる割に情に流されやす...
解説/考察

『100日後に死ぬワニ』ストーリーとアイディアの考察

Twitterの4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』は、2019年12月12日から2020年3月20日で毎日更新されました。刻々と迫るタイムリミット……。一体どうやって死んでしまうのかという期待感、悲しさが入り混じったストーリーは、反響を呼び...
古畑任三郎

古畑任三郎 26話『古畑任三郎 vs SMAP』友情、努力、敗北

【VS.アイドルグループ】「新年明けましておめでとうございます。早速ですが、『三本の矢』の話をご存じでしょうか。戦国武将毛利元就はこんな事を言いました。『矢は一本一本は非常に折れ易い。しかし、それが三本集まれば決して折れる事は無い』と。 ...
古畑任三郎

古畑任三郎 25話『消えた古畑任三郎』ネタバレ満載の総集編

芳賀「素晴らしい方だったですね。推理力・洞察力に優れていたのはもちろんですが、それ以前に、人間として大きな人でした」 桑原「まあ、控え目に言って天才です。会話の中のほんの小さな矛盾から極めて論理的に犯人を追いつめていく。とても僕らには...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 放送予定日【2020年】

刑事コロンボを、無料で見ることができるテレビ放送予定日について記載していきます。 1968年に1話『殺人処方箋』が初めて放送され、2003年に69話『殺意のナイトクラブ』で放送終了しました。コロンボ警部の魅力的なキャラクター。完全犯罪...
古畑任三郎

古畑任三郎 第2シリーズ 4話と9話が再放送されない理由

フジテレビで1994年から2006年まで続いた刑事ドラマ『古畑任三郎』は、犯人視点から事件が進むという”倒叙”形式や、刑事役「田村正和」氏の好演もあり大ヒットをしました。倒叙形式のメリットに『最初から犯人が分かった状態で進む』ことがあります...
古畑任三郎

古畑任三郎 24話『しばしのお別れ』あらすじと解説

【VS.華道家】「今夜は花言葉のお勉強。まずシクラメン、花言葉は『疑惑』。ソメイヨシノ、花言葉は『美しい人』。シダレグワ、花言葉は『智恵』。そしてミヤコワスレ。花言葉は『しばしの別れ』。古畑任三郎でした」 データ あらすじ+人物相関...
古畑任三郎

古畑任三郎 23話『ニューヨークでの出来事』安楽椅子探偵

【VS.未亡人】「一期一会という言葉があります。いい言葉です。旅の楽しさは人との出会いです。しかし、出会った事を後悔する人間もたまにはいます。バスや列車や飛行機の中で、たまたま隣に座った人物が例えば、黒い服を着ていて、襟足の長い人物だったり...